FS-700vsモトクロス

All posts tagged FS-700




先日モトクロスにFS-700を持参。テストしてきました。
とにかく使ってみる。ということが大事なのでとにかく撮影です。
モトクロス場という条件の悪い撮影では、ハンディ にNEX ZOOM18-200mmの組み合わせが有効です。
NEX ZOOMはオートフォーカスもききます。

さて撮影。といつものセッティングでモトクロスのコース上にカメラを持って出ました。
よしマニュアルフォーカスだ!なんだかんだ。やってると次々に目の前をモトクロスバイクが駆け抜けていってしまいます。
とりあえす撮ってみるかなとRecすると。しばし撮影がきなくなります。FS-700はキャッシュにためてそのあと儀式のように再生が始まります。再生を途中でやめるとそこまでしか記録されないので、しばらく撮影はお預け状態になります。
まずはピンぼけの映像が再生記録状態になったのですぐにキャンセル。
もうオートフォーカスで撮影しようと開き直ります。
ハンディだとカメラバランスの関係もあってフォーカスをおくるのは至難の業。
そうです、とにかくRecを回していかないと目の前のジャンプは通りすぎていきます。
とにかくこういった場所では記録する。カメラにおさめることが最重要ですね。つまりフォーカスが云々よりもオートフォーカスが有効ですね。

Recのカンやセンスも必要ですね。なのでこういったシーンではアウトトリガーが有効ですね。
これだという瞬間まで待ってアウトトリガーを押す。

実際の撮影だとそういう意味でいうならベースまでRecボタンが延長できるとよさそうですね。
ディレクターがアウトトリガーを押すのがスムーズかもしれません。

早速写真のような延長ケーブルを調べてみます。

さて、撮影する相手がバイクというあるていど速度の出るものであると480fpsが有効でした。
推定時速30-40kmぐらいであると思われますが。スポークの1本1本が見えるのは気持ちがよい映像です。
映像がじゃぎじゃぎしているのはわかるかと思います。

謎なことがありました。
480fpsで撮影すると240fpsに比べて撮影できる時間が長くなります。 とても不思議です。
簡単にまとめると
高画質 スローによる劣化なし
240fps = 8秒
低画質
480fps = 10秒
960fps = 19秒
となります。480fpsで撮影をすると儀式のように再生を待つ時間がかなり長くなります。

FS−700簡単マニュアルを作成しました。
必要な方はプリントアウトして有効に利用してください。

SignaLcamFS700




FS-700を実際の撮影で使ってみてわかったことは。
まず、画質がかたい、ということ。EOSに見慣れていると。かなり硬質の映像に見えます。
バキッっとした映像になりますね。

NP-F970のバッテリーの持ちは良くないです。MetabonesEFmountSSD収録で、一日の撮影にはおそらく5本ぐらいのバッテリーが必要になりそうです。



今までの感覚だとロケなどではバッテリーが足りなくなりそうです。
super slow motionでアウトトリガーを選択すると、キャッシュに動画を貯めていると推測されるのでよりバッテリーを消耗してしまうのかもしれません。

 

前出のMetabonesEFmountですが、ごくまれにF値が表示されなくなります。



レンズ交換のタイミング以外にも急に表示されなくなります。
絞りはコントロールされているようですが、撮影時にF値は重要です。
カメラ本体の電源を入れ直すと解決します。
ただ、電源を入れ直すのはとても手間です。もう少し原因をさぐってみます。

SuperSlowMotion撮影時のスタートトリガー。押したタイミングから記録されるまで、ラグがあります。もしかすると一秒ぐらいです。余裕をみてスタートトリガーを押さないと撮り逃しします。エンドトリガーでも余裕をみて押した方が無難です。

素材をみて気づいたことがあります。
素材の最後が一秒24コマ分フリーズになっています。なんで?でしょうか。

ガンマイク。マットボックスにかなり近い。フィルターワークでは邪魔になるので逆づけしてしまった方が楽になります。



こんな感じに撮影中盤以降は逆マイクになりました。
ガンマイクはできるだけ前がいいのでしょうが。ガイドでairだけでいいときには場所を考え直したい部分ではあります。



Movcamのリグ、アクセサリーセット。かっこよくまとまってます。
ですが、5枚刺しのマットボックスでガンマイクがこの位置にあると70-200mmより短いレンズに交換するとフィルターが抜けないです!
でもかっこいいからokですけど。

まだまだ研究ですね。




今日は撮影を目指すひとたちとお話してきました。
なかなか面白かったです。
今日会った人たちのなかから一緒に仕事できる人がいればいいなー。と思います。
さて、昨日Sony NEX FS-700が届きました。
SignaLcamのラインアップを紹介します。
NEX FS-700 NXCAM
NEX ZOOM LENZ 18-200 f3.5-6.3
HXR-FMU128 フラッシュメモリーユニット(SSD)
FP-970
METABONES lens-adaptor キャノンEFマウントアダプター
となります。
HD SDIからは24P/30Pの信号が出ていますので、プログレッシブの中継車にも入力できます。
LIVE撮影のときにCanonシフトレンズなどを使うときにはFS-700+MERABONESの組み合わせののほうが本家であるCanon C300をつかうよりもいいということになります。
$おおはしのブログ
前出のMETABONESですが、FS-700本体の絞りのグルグルでCanonEFレンズの絞りを電子制御できます。なんと、SonyとCanonのメーカーの枠を超えて純正レンズのように使えます。
絞りも例えばf3.5にするとレンズをかえても自動的にf3.5になります。これはとても使いやすいです!
$おおはしのブログ
HXR-FMU128 フラッシュメモリーユニットを準備しましたがSDカードでも収録できます。
HS 240fpsもSDカードでも収録できます。(まだテストはしてないです。)
最高画質。1080/24P FXで
8GBで40分の撮影ができます。
128Gで640分。。。。。10時間以上
そんなにいっぱい撮影したら疲れちゃいます。
AVCHDってファイルサイズが小さいんですね。もっと大きくてもいいんだけどな。
撮影可能時間と必要なメディアの量の関係
これさえわかれば怖くないですね。。。
ただ、HS240をやると10倍の尺が必要になりますので。。。。
先日の撮影ではHS素材だけで90分以上になりました。
PV撮影だとおそらく32G以上はメディアが必要になりますね。
参考まで、
ではまた。