FS-700vsモトクロス

All posts in SignaLcam BLOG




先日モトクロスにFS-700を持参。テストしてきました。
とにかく使ってみる。ということが大事なのでとにかく撮影です。
モトクロス場という条件の悪い撮影では、ハンディ にNEX ZOOM18-200mmの組み合わせが有効です。
NEX ZOOMはオートフォーカスもききます。

さて撮影。といつものセッティングでモトクロスのコース上にカメラを持って出ました。
よしマニュアルフォーカスだ!なんだかんだ。やってると次々に目の前をモトクロスバイクが駆け抜けていってしまいます。
とりあえす撮ってみるかなとRecすると。しばし撮影がきなくなります。FS-700はキャッシュにためてそのあと儀式のように再生が始まります。再生を途中でやめるとそこまでしか記録されないので、しばらく撮影はお預け状態になります。
まずはピンぼけの映像が再生記録状態になったのですぐにキャンセル。
もうオートフォーカスで撮影しようと開き直ります。
ハンディだとカメラバランスの関係もあってフォーカスをおくるのは至難の業。
そうです、とにかくRecを回していかないと目の前のジャンプは通りすぎていきます。
とにかくこういった場所では記録する。カメラにおさめることが最重要ですね。つまりフォーカスが云々よりもオートフォーカスが有効ですね。

Recのカンやセンスも必要ですね。なのでこういったシーンではアウトトリガーが有効ですね。
これだという瞬間まで待ってアウトトリガーを押す。

実際の撮影だとそういう意味でいうならベースまでRecボタンが延長できるとよさそうですね。
ディレクターがアウトトリガーを押すのがスムーズかもしれません。

早速写真のような延長ケーブルを調べてみます。

さて、撮影する相手がバイクというあるていど速度の出るものであると480fpsが有効でした。
推定時速30-40kmぐらいであると思われますが。スポークの1本1本が見えるのは気持ちがよい映像です。
映像がじゃぎじゃぎしているのはわかるかと思います。

謎なことがありました。
480fpsで撮影すると240fpsに比べて撮影できる時間が長くなります。 とても不思議です。
簡単にまとめると
高画質 スローによる劣化なし
240fps = 8秒
低画質
480fps = 10秒
960fps = 19秒
となります。480fpsで撮影をすると儀式のように再生を待つ時間がかなり長くなります。

FS−700簡単マニュアルを作成しました。
必要な方はプリントアウトして有効に利用してください。

SignaLcamFS700




FS-700を実際の撮影で使ってみてわかったことは。
まず、画質がかたい、ということ。EOSに見慣れていると。かなり硬質の映像に見えます。
バキッっとした映像になりますね。

NP-F970のバッテリーの持ちは良くないです。MetabonesEFmountSSD収録で、一日の撮影にはおそらく5本ぐらいのバッテリーが必要になりそうです。



今までの感覚だとロケなどではバッテリーが足りなくなりそうです。
super slow motionでアウトトリガーを選択すると、キャッシュに動画を貯めていると推測されるのでよりバッテリーを消耗してしまうのかもしれません。

 

前出のMetabonesEFmountですが、ごくまれにF値が表示されなくなります。



レンズ交換のタイミング以外にも急に表示されなくなります。
絞りはコントロールされているようですが、撮影時にF値は重要です。
カメラ本体の電源を入れ直すと解決します。
ただ、電源を入れ直すのはとても手間です。もう少し原因をさぐってみます。

SuperSlowMotion撮影時のスタートトリガー。押したタイミングから記録されるまで、ラグがあります。もしかすると一秒ぐらいです。余裕をみてスタートトリガーを押さないと撮り逃しします。エンドトリガーでも余裕をみて押した方が無難です。

素材をみて気づいたことがあります。
素材の最後が一秒24コマ分フリーズになっています。なんで?でしょうか。

ガンマイク。マットボックスにかなり近い。フィルターワークでは邪魔になるので逆づけしてしまった方が楽になります。



こんな感じに撮影中盤以降は逆マイクになりました。
ガンマイクはできるだけ前がいいのでしょうが。ガイドでairだけでいいときには場所を考え直したい部分ではあります。



Movcamのリグ、アクセサリーセット。かっこよくまとまってます。
ですが、5枚刺しのマットボックスでガンマイクがこの位置にあると70-200mmより短いレンズに交換するとフィルターが抜けないです!
でもかっこいいからokですけど。

まだまだ研究ですね。




不慮の事故とでもいいましょうか。
ハイエースの移動中に三脚が転倒して、不思議な場所のパーツがこわれていました。

photo:01



逆さまですが、STUDIO9+9のティルトロックのマイナスのビスが半分かけていました。
テクニカルファーム内田さんは仕事がはやい。電話した翌日にはビスをもって現れました。

photo:02



左が新品。右がパックリわれたビス。
交換、交換。

photo:04



これで簡単に解決です。
が。
このビスがなんと、3300円。高い!

photo:03



袋には確かに3300円。
ま、ドイツ製ですから。
sachtlerのパーツは高いです。
とにもかくにも!
三脚ヘッドは撮影の要、もっと大切に扱わないと。
STUDIO9+9はどんな小さいパーツもとても高価です。
反省反省。




今日は撮影を目指すひとたちとお話してきました。
なかなか面白かったです。
今日会った人たちのなかから一緒に仕事できる人がいればいいなー。と思います。
さて、昨日Sony NEX FS-700が届きました。
SignaLcamのラインアップを紹介します。
NEX FS-700 NXCAM
NEX ZOOM LENZ 18-200 f3.5-6.3
HXR-FMU128 フラッシュメモリーユニット(SSD)
FP-970
METABONES lens-adaptor キャノンEFマウントアダプター
となります。
HD SDIからは24P/30Pの信号が出ていますので、プログレッシブの中継車にも入力できます。
LIVE撮影のときにCanonシフトレンズなどを使うときにはFS-700+MERABONESの組み合わせののほうが本家であるCanon C300をつかうよりもいいということになります。
$おおはしのブログ
前出のMETABONESですが、FS-700本体の絞りのグルグルでCanonEFレンズの絞りを電子制御できます。なんと、SonyとCanonのメーカーの枠を超えて純正レンズのように使えます。
絞りも例えばf3.5にするとレンズをかえても自動的にf3.5になります。これはとても使いやすいです!
$おおはしのブログ
HXR-FMU128 フラッシュメモリーユニットを準備しましたがSDカードでも収録できます。
HS 240fpsもSDカードでも収録できます。(まだテストはしてないです。)
最高画質。1080/24P FXで
8GBで40分の撮影ができます。
128Gで640分。。。。。10時間以上
そんなにいっぱい撮影したら疲れちゃいます。
AVCHDってファイルサイズが小さいんですね。もっと大きくてもいいんだけどな。
撮影可能時間と必要なメディアの量の関係
これさえわかれば怖くないですね。。。
ただ、HS240をやると10倍の尺が必要になりますので。。。。
先日の撮影ではHS素材だけで90分以上になりました。
PV撮影だとおそらく32G以上はメディアが必要になりますね。
参考まで、
ではまた。




ついに本格的にNEX FS-700を使いました。ノーマル24fpsはEOS5Dmark3を使用。HSのみNEX FS-700を使用しました。
共にビテオマウント仕様にしてカッチャンで載せ替えできるようにしました。

photo:01



EOS5Dmark3 MovieTube PR HD仕様
NEX FS-700 TF Base Rig 仕様
さてさてトーンの違いはガンマカーブの違いで、当然色味を完璧に揃えることはできません。
EOSはポートレートモード
NEXはSTILLモード
これでかなり近くなります。
ガンマカーブを近づけて、明確になったのは、NEXはディティールがリアルだ、ということです。
EOSはフェイストーンがまとまりがあって肌質も艶やかで滑らかです。
NEXは毛穴までしっかり表現され見えすぎてしまう感じです。
解像度ということではなく、まさにガンマカーブの違いがでているとおもいます。
FS-700のピクチャープロファイルを色々使いこなしていかないとまだわからない部分もおおいですが、EOSのようにCinestyleなどがインストールできると良いのですが。。。
HSカメラとしてはなにも申し分ないとおもいます。
きっとレンタル料金も2万円前後になると思います。ファントムやRED Epicと比べても、240fpsが手軽に撮影できるのは魅力!
物や車は240fpsでは足りないかもしれませんが、人間を撮影するには十分な10倍スローです。
NEX FS-700とツイクスターの組み合わせも試してみたいところです。
スローの強さはNEX FS-700の最大の武器でEOS5Dmark3の720×1280 60fpsではねむいと感じてしまいます。
NEX FS-700で問題があるとすると。
スタートトリガーの立ち上がりが遅いことです。Recスタートのつもりで赤を押すと、じつは収録がおくれて始まっている場合がかなりあります。推定1秒ぐらい。まだ検証が必要ではありますが、
余裕をもってスタートトリガーを押せ!ということです。
240fpsで8秒間
120fpsで16秒間
の撮影ができます。
アウトトリガーハーフ
というモードだと
240fpsで4秒間
の撮影になります。
撮影後には儀式のように再生が行われます。
キャッシュに貯めて。再生を記録する。というファントムとKeyproみたいなことをFS-700内部でやっているみたいです。
再生をとめてしまうとそこましか記録されません。
なんとも面白い仕組み。です。

photo:02



こんなカメラがHS240fpsなんて
少なくともフィルム時代には考えられませんでした。いやフィルムでしか出来なかったと言うほうが正しいですか?もうよくわかんないですが。

photo:03



16mmのARRI SR3HSで120fpが限界でした。
それ以上のコマは1PDやらフォトソニックでしか出来なかったですから。
240fpsオモロイです。
当社。
7月からFS-700稼働予定です!
ご連絡おまちしてます。




Sony NEX FS-700のデモ機を触ることができました!
早速、
MovieTube 5Dmark3

NEX FS-700
色を比べます。

photo:01



PP1にCinestyleに近い色をつくってみます。
どうもEOSはホワイトバランスをケルビンだけで調整してもしきれない部分があります。
Sonyなどのビデオに合わせるにはビデオカメラと同じ調整の電球マークや太陽マークなどであわせるとホワイトバランスかそろいます。
5Dmark3とFS-700を比べると、FS-700はビデオっぽい質感。
とても生っぽい。
EOSのガンマカーブに慣れ親しむとSonyのピクチャープロファイル/PPもtechnicolor CinestyleのようにPCからガンマカーブがインストールできればいいのですが。
さて240fpsの実力。
1080/24pでの10倍のスローモーションは面白い!!!につきます。
事務所の洗面台で水を流すだけでスライムみたいです。
床にカギを落とすだけで。ドラマがあります。
仕組みはとても面白い。
恐らく撮影時にはキャッシュに動画を貯めていて。
Recが終わるとすぐさま再生がはじまります。その再生動画を本体内で録画してます。
再生中にキャンセルの表示が。キャンセルすると再生されたそこまでが録画されています。
せっかちに撮影を繰り返すことはできない仕組みです。
儀式のように再生を待たないと次の撮影はできない仕組みですね。
なかなか面白い。
プレイバックが必須なんです!
見慣れてくると20倍も!となり480fpsも試しました!かなりジャギがでます。次の撮影までの待ち時間も倍です。普通には使えないですね。背景がシンプルな状況で、曲線なもの。例えば水の物撮りには使えそうです。とにかく横のまっすぐなラインに弱く、ジャギってるなと一目でわかるものです。
安心して使えるのは240fpsですね。

photo:02



こんなカメラで10倍が撮影できるとは!
Sony FS-700とにかく面白いと感じました!きっと面白いというととはいいカメラなんだとおもいます!
シンプルにこれで撮影したいなと感じます。
24/30pはEOS5Dmark3で。
HSはFS-700で。
といった使い方はかなりいけているとおもいます!上級者です。
F35にファントムの組み合わせと同じ方法論ですね。
大人が楽しく。あーだこーだ。

photo:03

 

photo:04



テストデータ近日アップします。




ケーブル。うちのケーブルも作ってから2年ほど経ちました。
今まで断線などのトラブルはありません。が。断線がおきました。

photo:01



BNCがバッツリぬけてしまっています。
圧着でつけなおします。

photo:02



圧着ペンチにやり方がかいてあります。

photo:03



実は2個もダメにしましたが、無事完成です。

photo:04



アシスタントがいればいーな。
このブログで募集してみます。
カメラマンになりたい20歳から30歳ぐらいまでの方。
健康な男女。普通免許はないよりはあったほうがいいです。
うちで修行しませんか?2年でカメラマンになってください。
未経験者でもカメラが好きならばOKです。
EOS Movieの最先端を経験しませんか?
給料は安いです、経験と頑張りで昇給します。頑張れば歩合もありえます。
厳しいですが、しっかり教えます。
地道なテストをしっかりやってほしいです。
東京在住の方。もしくは自力で東京に引越しできる方。
勤務地 代官山。
時間は現場によりけりですが。
出勤は基本10:00-19:00です。
大至急の急募ですが、
地道にまちます。
興味があるかたは
signalcam@gmail.com
まで
プロフィールをおおくりください。
随時面接させていただきます。
担当 代表 大橋洋生




All-iの問題の解決方法がわかりました!
PerianというQTのプラグインがあたっているようです。
このPerianをシステム環境設定からアンインストールすると。問題が解決されます。
おおはしのブログ
アンインストールの方法はこちら
http://perian.softonic.jp/mac/screenshots
おそらくこれで解決すると思われます。
MAXTER_大石君情報ありがとう!




5Dmark3の撮影頻度が増えてきました。
C300もかなり人気は高いようですが。とにかく操作性が悪いという話をよく聞きます。
もちろん僕もそう思います。何と言ってもRECボタンが4つも存在するのは設計コンセプトを疑いたくなります。C300はLIVE撮影に使用したりしていますが。REC中にRECを止めてしまっていないかヒヤヒヤします。
液晶の位置もかなり特殊すぎてアングルに対してちょうど良い位置にもっていくのが難しいです。
先日もかなり苦労しました。
液晶の位置と距離の関係がどうにもしっくりきません。
いいポジションにマウントするには液晶からでている2本のケーブルが短すぎます。
ガンマイク本体もガンマイクのホルダーもいちいち邪魔です。
試行錯誤の末この形になりました。

photo:01

 

photo:02



ISOでの明るさコントロール。。。
これまた問題です。
グリップを逆さまにして親指でコントロールするイメージです。
使いにくいです。

photo:03



ガンマイクがへんな位置になってます。
いろいろみなさんイライラしているかと思います。
ガンマのCanonLogもうちょっといろいろできるといいのですが。。。
さて5Dmark3ですが。
恐ろしくきれいです。C300と比べてはいけません。何か恐ろしく解像度があります。。。
素材をチェック用などでH.264に圧縮すると。素材がすごいきれいだったのだと実感します。
特に素材のきれいさを感じます。
まだ使っていない方はぜひ使ってみてください。良さがわかると思います。
カラコレに関しては大きく動かすと負荷はかかりますが、まあ今までよりはいいと思います。
カラコレもよいと結論だせるほどデータは集まっていません。
が期待はできると思います。
今までの既存のガンマカーブ CINEMA Maverous Superflatが使えるのはとてもよいですし。今後の可能性を感じます。このガンマカーブの熟成が楽しみです。
やっと本題ですが。
5Dmark3
最初にAll-iでFinalCutPro。Compressorで読み込まない/アプリが落ちてしまう。という現象を報告しましたが。
結果私個人のMACの問題と結論づけていました。
実はそうではないようです。
同じ症例を2件ききました。
いずれもAfterEffectsでProRess422の変換を行ったとのこと。
AEでは問題なく変換できる様ですが。
FCP,Compressorではできない。という症状のようです。
QuickTimeXでは再生できるがQuickTime7では再生できない。という症状になります。
この問題
FinalCutStudioを再インストールしても残念ですが解決しませんでした。
OSが関係しているバグと思われますので。
OSをクリーンインストールする必要があると思われます。(TimeMachine等で再構築すると同じ症状もコピーされる可能性があります。)
非常に厄介な問題ですが。この症状になるMACとならないMACがあるとゆうことです。
原因がはっきりしていないのが厄介です。
同じような問題が起きた方はぜひご一報ください。




たくさんのカメラが新発売されて、あまりに過渡期になりつつあります。
きっとまたNABSHOW2012でも新型が発売されるでしょう。
Cinema EOS 4kが発表されるのでしょうか?
いまのところまだ期待しないでおきます。C300の操作性の悪さを考えると値段にもよりますが、まだ買ってはいけないカメラかもしれません。
C300と5Dmark3を使いこなすことで、まだ手一杯なのに。
F35がF65になり。
Red oneがEPICになり。
C300はCinemaEOS4kになる?
他にもカメラはいろいろあります。
F-3や、
NEXシリーズ(新型は10倍のHS240コマも可能!)
D800や5Dmark3
困った話です。
あまりに早すぎます。
SonyかCanonかRedか?メーカーを決めてもまだ選択肢が残ります。
NexシリーズかF-3か?
C300かCinemaEOS4kか5Dmark3か1Dxか?
EPICかScarleか?
もっとゆっくりリリースしてもらわないと全くついていけません。
落ち着いていいものを見据えないと。
PLで息が長いのはAlexaですかね。
EFの5Dmark3はスチールではやるでしょうし、息が長そうです。
異端児のNEXシリーズHS240コマは開発者の気合を感じます。が。
カメラよりも。
新しいEFズームが発表されればいいなと。10倍ぐらいの。