先日の撮影

All posts in SignaLcam BLOG




photo:01



先日の撮影では、カメラにライトをつけて撮影しました。
カメラマンの方と照明技術の方が、前々日から仕込んでいただいた結果こんなシステムになりました。
うちの9+9がちいさく見えます。
僕は初めて?撮影助手として現場に参戦。
現場は楽しいですね。
だけど
2日間体がいたかったです。
SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com




テクニカルファームさんから進化して帰ってきました。

photo:01



どこが?
あまり見た目は変わりませんが、
7Dのアキレス腱。熱問題。
温度ワーニング、7Dはでますね。
先日のスタジオでも、タングステンライティングのためにやはり、ワーニングが点灯しました。
ファームウエアがアップデートされて、ワーニングは出にくくはなりました。
しかしその分、出たまま撮影を続けるとRecがとまるらしいです。
僕は以前のバージョンでRec中に止まった事があります。
今日も暑かったですね。
これから暑い季節に向けて、ファンを増設しました。

photo:02



わかりにくいかもしれませんが、
6cm×6cmのファンです。
気休めかもしれませんが、しばらく様子をみてみようと思います。

photo:03



これは暫定ですが、9+9のパンバーがHDMIにぶつからない様にノガアームでガード。
かっこが良くないので、要検討。
今日はこんな感じです。
SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com




カメラマンの小林さんです。

photo:01



先日うちの機材使っていただきました。
わざわざ遊びに来ていただきました。
今日はその感想を聞きつつ、反省会かなとおもいきや
小林さんのGF1のCマウントの話題で盛り上がりました。

photo:02



下に映っているのはCマウント。
なかなかイイ味がでてます。
なんせ見た目がかっこイイですね。
ボレックス。懐かしい、古き良き16mmカメラのレンズがこんな形で復活するとは。
写真も動画720/30pもOKとは、素晴らしいっ
カメラはたのしいですねぇ
SignaLcamについて詳しくは
http://signal508.com




今日も機材をみにきていただきました!
撮影の村松さん

photo:01



いろいろとお話させていただきました。
フォローフォーカスの話。
助手がフォローフォーカス使えないか?
とのこと。
マットボックスとフォローフォーカスを逆につけてみました。
かなりの違和感。
でも付くにはつきます。
フォローフォーカスの厚み分。マットボックスがせめられない。事が判明。
ワイドレンズでなければ大丈夫ですが、レンズごとにいちいち付け替えていては手間がかかり過ぎて、現実味がありません。
FF4を付けて両側にフォローフォーカスを付けられないか?
とのお話。
マットボックスのロッドが当たってしまうので、全く不可能かと思ってましたが、オプションでロッドの外まで出してしまえば、なんとかいけそう。とのこと、
頭でイメージ。
かっこよさそう。
こりゃ一度
試してみます。
記念撮影パチリ

photo:02



SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com




今日はお客様が機材みにきていただきました!
ありがとうございます!
早速、事務所で機材スタンバイ。

photo:01



こんな感じ、です。

photo:02



撮られている人からはこんな感じにみえます。
これが一眼レフデジカメとは感じません。
マットボックスは威力あります。
興味のある方はいらしてください。
SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com




redrockマイクロのマットボックスのネジを交換しました。

photo:01



右がredrockのもので、
左が交換したものです。
意外にもredrockのネジは鉄でてきてます。プラスチックかとおもっていました。
マットボックスの常に緩めたり絞めたりする部分なので、この形状では少々やりにくいです。
新たに購入したネジは手になじみ。よりしっかりととめられます。
絞めた後にヒンジの向きも変えられるので、フォローフォーカスのねじを絞める時には、外に逃がすことができます。
かなりの進化。
というより、こうなっていないとダメなものだと思います。
ただ、強度を考えると、締まりすぎてしまわない様に注意しないといけません。
横からみると、ベストマッチ。

photo:02



純正みたいです。
日々進化です。
SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com




今日はもろもろのフィッティングを確認するためにスタジオにいきました。
前日までの1週間撮影助手がみっちり調整しただけあって、すべてスムーズに。
レンズ10本の交換でも、フィルターも問題なく。

photo:01



24mmシフトも、こんな感じにフィルター入れられます。フォーカスオペレーションも、全く影響なしです。
7Dなので、全くケリもありません。
ハンディはやり易い。
間違いなしです。
モノクロファインダーは慣れてしまうと、こんなにフォーカスが見やすいのかと、正直驚きです。

photo:02



カメラマンは液晶分重くなってしまいますが、助手がフォーカスフォローすることもできます。
今日一日テストして。
自信つきました!
SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com




キャノンの展示会いってきました。
Movie撮影用機材が山のように展示されていました。
これだけEOS Movieは注目されているんだなと。改めて実感しました。
各社様々な5D7D用のMovieキットがありましたが、想像以上にズームレンズがメインで展示してありました。
単焦点、いいのにな
SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com




photo:01


Panasonic LH-1700Wです。
撮影ではマスモニとしてよくつかわれていますよね。
バッテリーマウント取り付けて。これで準備万端のはずですが。
HDSDI接続で音声がでません。モニターのメニューをみて見ると。AUDIOがグレーの表示。選択できません。
調べてみると、このビスの裏側にオーディオボードがあるらしく。
開けてみました。空っぽでした。
Panasonicに問い合わせてもらうと、オーディオボードは欠品みたいです。型番が古いということですかね。
プレビューで音が出ないのは致命的かなと。7Dには音声出力端子もないので、アストロモニターからステレオミニの端子から繋ぐ、とか!?スマートじゃないですね。
BlackmagicのミニコンバーターでHDSDI-AUDIOで音出す?それだと12V電源が必要になるし。
なんとかボード探すのが正解かと。
これは難題。
RCA赤白は音がでるんだけどな。。。
なんとかします!
Amazonで何故か買えます。

photo:02



SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com




photo:01


今日。やっとredrockmicroのマットボックスとフォローフォーカスがとどきました。
本日より正式にレンタル開始です。
もちろん組んでみました。
50mmはレンズの長さが短いので、フォローフォーカスとマットボックスがぎりぎりです。
35mmはレンズの長さ的に丁度よいかんじです。
redrockはよくも悪くも!?canonレンズにマッチした設計のようで思いのほかしっくりきました。
難点は助手がフォーカスをおくれない。。。。
マットボックスのロッドが邪魔で、手が入らない。
フォローフォーカスは助手側にはつけられない設計なので、カメラマンの方にファインダーで見てもらうしかなさそうです。
どうしてもの場合は、ファインダーを上にずらすしかないようです。
redrockのマットボックスはネジがプラスチックでしっかりしまらないので。
早速交換する予定です。
なかなか完璧は難しい。というのが今日の結論。
また明日検討します。
$おおはしのブログ
SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com