4kRAWと120fpsの現状

All posts in FS-700




久しぶりの更新です。
今回激辛で行きます。

“現状のシステムでは4kを実現できているのはRedとSonyだけ”
と言ってもいいかもしれません。

良く質問されるのでまとめます。

C300の外付けターボとでもいいましょうかC500は、スペックばかりが先行しています。
実際のところはC300以上の恩恵を受けにくいカメラです。
たとえC500を使っても、内蔵のCFカードで記録すれば、C300と全く同じなのです。

どういうことかと言いますと。
4K RAWの信号はだしますよ。でもレコーダーは自分で用意してください。という代物です。(以前にもかきました。)

Canonは一方的に大きな信号を出しているだけです。

Ki_Pro_Quad_C500
AJA-Ki-Pro-Quad-616x880
そのメインのレコーダーとしてカタログに紹介されているのがAJA Ki Pro Quadです。
実はAJA Ki Pro QuadはRAW記録しません!
4KサイズのProRessに変換して記録する仕組みです。
現状は29.27fpsが限界です。HS120fpsは記録できません。

そんな状況ではC300との差別化はできません。

唯一 Codexを使用すると実現可能な部分があります。
CODEX SHOOT 28.6.12_1695_White
Codexを使えば120fpsは撮影できるのですが。。。実は縦の走査線は半分の解像度でしか撮影できないようです。(HDサイズでの使用ならば問題ないようです。)

皆さんご存知のようにCodexはC500が買えるほど高価な機材です。
C500+Codexを使った撮影を実現できる予算の現場ならば、Red Epicのほうが経験もありますし実際の運用のリアリティーがあります。
Epicならば300fpsだって可能になるじゃあろませんか!
よっぽどCanonの質感がすきな方でも実際のところC500を選択する人はいないでしょう。これが現実です。

C500の出力信号全てを受け止めることができるレコーダーはまだこの世に存在しません。もはや妄想の領域です。

LespaceVisonのようにC500+Codex+ポスプロサポートといった連携が必要です。

言い切れます。
C500を使うメリットは一切ありません。

他のメーカーが安価なレコーダーを開発するしかないのです。
どこか他のメーカーです。

ご存知のようにC500は発表からはや1年がすぎようとしていますがこれが現状です。

では実際の現実を見つめるならば。
HD 60Pを表示できるモニターすらそんなにたくさんありません。
Sony有機ELシリーズは可能です。
実際のところHD 60Pを記録できるレコーダーって存在していません。
BlackMagicUltraStudio3Dは実現していますが、これはMACなどのPCを使います。
(もしできるレコーダーがありましたら御指南ください!)
AJA Ki Pro Quadは60P記録できるのでしょうか?さすがにできますかね。

60Pが実現するのはInterBee以降かも知れません。

各社ホームページのスペックを信用してはいけません。
希望や空想。妄想までもが含まれていますので注意しないといけません。

こういったメーカーの戦略は、映像制作に携わる人間に大きな誤解を生みます。
話題と噂だけが先行してしまうのはいかがなもでしょうか?
開発が(ある程度)終わってから正式発表なりしてもらいたいです。

bmcc4k-300x180
それは BlackMagicも同じです!BMCC4kは去年の発表だったように記憶しています。
やっと?そろそろ?ついに?
InterBeeにやっと実機が登場でしょうか?

さてここでSonyのお話。
4Kユニットが発表されて久しいですね。

F-55の話ができればいいのですが。。
弊社にはFS-700しかないのでFS−700でお話しますと。
4kRAW撮影できます。
2kRAW撮影できます。
120fpsでも2kRAWもちろんできます!
240fpsでも2kRAWでさらに8秒ルールもありません。メディアいっぱい連続撮影できます。これはもうかなり前からできてます。
ネガティブな部分としてはFS-700は8bitです。
F-55の10bitに劣ります、でも実際の撮影で簡単に使用できますし、コストも最小限におさえられるFS-700は4k撮影でも威力を発揮します。

http://coffeeandcelluloid.com/shooting-with-the-sony-fs700-r5-4k-recorder-in-haiti-video-update/

FS700_R5-thumb

Cinema EOS1DCが4k24fpsしか撮影できないのはとても惜しい。。。。

F-55も120fpsが実現したようです。

4kに関してはSonyが先行しているのはまちがいないでしょう。




いろいろと情報がそろってきました。

REDを追いかけられるのはSonyだけかもしれません。

Sonyの全カテゴリーカメラ包囲網がだんだん明らかになってきました。



Sonyの RAWレコーダー「AXS-R5」は49万円現実味のある値段です。

2.4Gbps(300MB/s)の高速な転送速度を持つAXSメモリーカード「AXS-512S24」を使用

このメディアの価格が出ていないのが気になります。

FS-700もこのレコーダーを使用できます。

 

当然我が社のSignaLのFS−700はこのレコーダーと組み合わせて4K撮影をできるようにする予定です。

 

 

 

 

CinemaEOSは少なくとも日本のユーザーのニーズは全く見ていないのかもしれません。

すごく簡単に言うなら

C500はC300のセンサーのバージョンアップ版です。

4k RAWは撮影することもできる。ぐらいの表現で丁度いいと思います。

 

 

4kRAWは撮影する能力があるだけ、で実際に撮影するとなると追加で数百万円以上のレコーダーが必要になります。



Codex OnBoard Recorder



Codex Transfer Station

一時間撮影するだけで1テラ以上のデータ料です。もちろんオフラインする為には変換も必要になります。

4kで撮影した後のアプリケーションもCanonが提供する訳ではありません。

Canonは全ては他社任せです。



C500で4K RAWを撮影する理由を考えても、いまのところ明確な理由が浮かびません。

CFカードでHD撮影することが9割以上になると思います。

つまり

ほぼC300と同じです。

 

もっとシンプルに4k撮影を。。。

Cで4kをより簡単に撮影できるカメラとなると

CinemaEOS 1Dcになります。



 

去年のInterBEEで発表されたカメラです。

Motion JPEG 4K

4096×2106 24P

というスペックがこれまた去年発表されていました。

 

他社は4k RAWで。C500もレコーダーは他社任せなのに。1Dcは本体で4k記録可能のようです。しかもMotion JPEG、圧縮データです。

圧縮するのに転送が間に合わない。だからとにかく変換をしないで生データ、つまりRAWデータをとにかく記録する。

というのが今までの概念だと思います。

かなり革新的です。

4k MotionJPEGを CFカードに記録できるのでしょうか?他社はより転送の早いSSDを使用しているのに。

実現しているならばなぜC500には搭載されていないのでしょうか???

実現しているとなると相当な圧縮をしていると推測されます。本当に美しい画質がえられるのか?4kの意味があるのか?

 

とても疑念がわきます。

 

デモの1Dcを触る機会がありました。

32GBのCFカードを入れると撮影可能時間は7:50と表示されました。

膨大なデータ料です。

 

録画してみると

Sundisk 60m/bpsでたったの30秒でとまりました。

ただこれはあくまでデモ機なので!

 

去年カタログに書いちゃったからとりあえず、機能は搭載しました。

20秒、撮影できなくはないでしょう。

 

とならないで欲しいです。

 

 

まさかこの状態で発売されないことを祈ります。

Cの怖いところは

完成していない物を先行して発表だけしているところです。

 

Cにはほんとうに気をつけないといけません。

C500単体で4kが撮影できると思ってしまっている方はまんまとCの戦略にはまっていますよ。

 




発表されたC100。どうなんだろうかこのカメラと思う方もたくさんいるでしょう。
下記、僕なりの見解です。
おそらくこのカメラにはアメリカの地方局用のカメラなのかもしれません。
というのもCinemaEOSを開発しているチームは白いBODYが特徴的だったXLシリーズの開発チームなのです。
XLシリーズは実はアメリカの地方局ではやったカメラです。報道用のDVカメラというポジションです。
映画ハリウッドゴジラでも、ゴジラに蹴散らされる報道カメラマンがこのXLを構えています。(一緒にふまれちゃう?んでしたっけ)
つまりはC100のターゲットは報道であり、CinemaのCじゃないじゃないか?とツッコミたくなるカメラだといえます。
そう考えればより扱いやすいフォーマットのAVCHDである理由が納得できます。
アメリカで数を売りたいカメラなんじゃないかと思います。日本のDSLRのユーザーは見ていないんだとおもいます。
もうCinemaEOSは瞑想してきました。
C100の価格はあまりに高すぎます。日本では65万円ぐらいでしょうか。
発表された、だけでまだ発表された訳ではありません。そうこうするうちに7Dmark2が発売されたりしちゃわないですか???
CinemaEOSとEOSシリーズは明確な住み分けがされてなく、全く別チームが別の戦略で商品リリースしているとおもわれるので、新型7Dがいつくるか?全くよめません。でも新型7Dは20万円以下だと思いますので、
7D×3台以上<C100です。
5Dmark3×2台以上<C100です。
こう考えると僕にとっては、C100は全く価値がわからないカメラになってしまいました。
CinemaEOSは大瞑想。
CinemaEOSチームはハリウッドのコンセプトを中心に開発しているという噂なので、EOSの使われ方や、EOSユーザーはあまり意識していないのだとおもいますが。
今回のレンズラインナップも、あまりに意味不明です。
単純に×10ぐらいのフルサイズ対応のズームレンズがあればそれでいいんですけど。
18-200mmのフルサイズ対応のズームレンズ。F4。20万円。
こんなレンズを出してもらいたい。
Canonに限らずで、必要なレンズだと思います。
Canon EF-S 18-200/3.5-5.6IS
写真はEF-S18-200mm/3.5-5.6 IS
そんなレンズがあるならばC100のコンセプトもリアリティがあるとおもいます。
24-70mmではAPS-C動画で使うにはワイドでもなく、望遠でもなく。中途半端すぎます!
ヨリたらん。ヒキたらん。。。24-70mmをつけた時の僕の口癖です。
CinemaEOSの発表した新しいレンズは。
CN-E15.5-47mm T2.8 L S/CN-E15.5-47mm T2.8 L SPCN-E30-105mm T2.8 L S/CN-E30-105mm T2.8 L SP
15.5-47mmf2.8(3倍ズーム)
30-105mmf2.8(3.5倍ズーム)
価格は本当に呆れる。それぞれ190万円です。フルサイズ35mmには使えません!
それならば
EF16-35mm F2.8L II USMEF24-105mm F4L IS USM
16-35mmf2.8(2.5倍ズーム)
24-105mmf4(4.5倍ズーム)
でいい。
23万円と14万円ですみます。フルサイズ35も対応してます。カメラの感度は良くなっているのでf値だけが重要ではないのではないでしょうか?5Dmark3やC300などのカメラならばf4でも使えると思います。
誰が190万円のレンズを買うのでしょうか?CinemaEOSはフルサイズ35mmCmosは絶対にやらないのでしょうか?
いや、1DCがありますね。
あらら、ブレブレですね、これまた混乱を招きます。
 35mmフルサイズの大型CMOSセンサーが、一眼レフならではの豊かな表現力を実現。EOS-1D C
こんなに信用できないカメラシリーズは他にないと思います。
もはやカメラヘッドでしかないC500は全くの論外です。
4Kは他の会社のレコーダーで記録してくださいね。
本体記録するならこれはC500ではありません。C300です。と。
乱暴すぎます。4Kは信号だします。記録はCanonは保証できないんで、他の会社にお願いします。って。なんだそれ。
信号だけ出してればいいんでしょ。ハリウッド用だしね。
 Canon C500 with a codex. It&#8217;s a remarkably balanced and light rig. I could operate handheld all day with that thing&#8230;
これではRed Epicに勝てませんね。
C500の値段でFS-700が5台買えます。
FS-700が5台もあれば240fpsでタイムスライスできます。(モーフィングが必要ではありますが。)
CinemaEOSだけは本当に慎重にみていかないと。。。です。
1DCだけは買おうか慎重に検討していますが。
新型7Dmark2がHDMIピュアアウト!120fps!11月発売!なんて感じで発表されたりしたら1DCの120万円も一瞬で水の泡になります。
裏切られそうでほんとうに怖いです。
開発もおわってないカメラを次々に発表だけする。多分4k撮影できます。といった目標みたいなプレスリリースは何なんでしょうか?
この先走りの発表。発売が遅れる。他社がカメラ発表。
別ラインのカメラをいきなり発表。
これはユーザー騙しだと思います。
出来てないものを各メーカーが発表しあうこの体制はなんとかならないものでしょうか?




先日モトクロスにFS-700を持参。テストしてきました。
とにかく使ってみる。ということが大事なのでとにかく撮影です。
モトクロス場という条件の悪い撮影では、ハンディ にNEX ZOOM18-200mmの組み合わせが有効です。
NEX ZOOMはオートフォーカスもききます。

さて撮影。といつものセッティングでモトクロスのコース上にカメラを持って出ました。
よしマニュアルフォーカスだ!なんだかんだ。やってると次々に目の前をモトクロスバイクが駆け抜けていってしまいます。
とりあえす撮ってみるかなとRecすると。しばし撮影がきなくなります。FS-700はキャッシュにためてそのあと儀式のように再生が始まります。再生を途中でやめるとそこまでしか記録されないので、しばらく撮影はお預け状態になります。
まずはピンぼけの映像が再生記録状態になったのですぐにキャンセル。
もうオートフォーカスで撮影しようと開き直ります。
ハンディだとカメラバランスの関係もあってフォーカスをおくるのは至難の業。
そうです、とにかくRecを回していかないと目の前のジャンプは通りすぎていきます。
とにかくこういった場所では記録する。カメラにおさめることが最重要ですね。つまりフォーカスが云々よりもオートフォーカスが有効ですね。

Recのカンやセンスも必要ですね。なのでこういったシーンではアウトトリガーが有効ですね。
これだという瞬間まで待ってアウトトリガーを押す。

実際の撮影だとそういう意味でいうならベースまでRecボタンが延長できるとよさそうですね。
ディレクターがアウトトリガーを押すのがスムーズかもしれません。

早速写真のような延長ケーブルを調べてみます。

さて、撮影する相手がバイクというあるていど速度の出るものであると480fpsが有効でした。
推定時速30-40kmぐらいであると思われますが。スポークの1本1本が見えるのは気持ちがよい映像です。
映像がじゃぎじゃぎしているのはわかるかと思います。

謎なことがありました。
480fpsで撮影すると240fpsに比べて撮影できる時間が長くなります。 とても不思議です。
簡単にまとめると
高画質 スローによる劣化なし
240fps = 8秒
低画質
480fps = 10秒
960fps = 19秒
となります。480fpsで撮影をすると儀式のように再生を待つ時間がかなり長くなります。

FS−700簡単マニュアルを作成しました。
必要な方はプリントアウトして有効に利用してください。

SignaLcamFS700




FS-700を実際の撮影で使ってみてわかったことは。
まず、画質がかたい、ということ。EOSに見慣れていると。かなり硬質の映像に見えます。
バキッっとした映像になりますね。

NP-F970のバッテリーの持ちは良くないです。MetabonesEFmountSSD収録で、一日の撮影にはおそらく5本ぐらいのバッテリーが必要になりそうです。



今までの感覚だとロケなどではバッテリーが足りなくなりそうです。
super slow motionでアウトトリガーを選択すると、キャッシュに動画を貯めていると推測されるのでよりバッテリーを消耗してしまうのかもしれません。

 

前出のMetabonesEFmountですが、ごくまれにF値が表示されなくなります。



レンズ交換のタイミング以外にも急に表示されなくなります。
絞りはコントロールされているようですが、撮影時にF値は重要です。
カメラ本体の電源を入れ直すと解決します。
ただ、電源を入れ直すのはとても手間です。もう少し原因をさぐってみます。

SuperSlowMotion撮影時のスタートトリガー。押したタイミングから記録されるまで、ラグがあります。もしかすると一秒ぐらいです。余裕をみてスタートトリガーを押さないと撮り逃しします。エンドトリガーでも余裕をみて押した方が無難です。

素材をみて気づいたことがあります。
素材の最後が一秒24コマ分フリーズになっています。なんで?でしょうか。

ガンマイク。マットボックスにかなり近い。フィルターワークでは邪魔になるので逆づけしてしまった方が楽になります。



こんな感じに撮影中盤以降は逆マイクになりました。
ガンマイクはできるだけ前がいいのでしょうが。ガイドでairだけでいいときには場所を考え直したい部分ではあります。



Movcamのリグ、アクセサリーセット。かっこよくまとまってます。
ですが、5枚刺しのマットボックスでガンマイクがこの位置にあると70-200mmより短いレンズに交換するとフィルターが抜けないです!
でもかっこいいからokですけど。

まだまだ研究ですね。




今日は撮影を目指すひとたちとお話してきました。
なかなか面白かったです。
今日会った人たちのなかから一緒に仕事できる人がいればいいなー。と思います。
さて、昨日Sony NEX FS-700が届きました。
SignaLcamのラインアップを紹介します。
NEX FS-700 NXCAM
NEX ZOOM LENZ 18-200 f3.5-6.3
HXR-FMU128 フラッシュメモリーユニット(SSD)
FP-970
METABONES lens-adaptor キャノンEFマウントアダプター
となります。
HD SDIからは24P/30Pの信号が出ていますので、プログレッシブの中継車にも入力できます。
LIVE撮影のときにCanonシフトレンズなどを使うときにはFS-700+MERABONESの組み合わせののほうが本家であるCanon C300をつかうよりもいいということになります。
$おおはしのブログ
前出のMETABONESですが、FS-700本体の絞りのグルグルでCanonEFレンズの絞りを電子制御できます。なんと、SonyとCanonのメーカーの枠を超えて純正レンズのように使えます。
絞りも例えばf3.5にするとレンズをかえても自動的にf3.5になります。これはとても使いやすいです!
$おおはしのブログ
HXR-FMU128 フラッシュメモリーユニットを準備しましたがSDカードでも収録できます。
HS 240fpsもSDカードでも収録できます。(まだテストはしてないです。)
最高画質。1080/24P FXで
8GBで40分の撮影ができます。
128Gで640分。。。。。10時間以上
そんなにいっぱい撮影したら疲れちゃいます。
AVCHDってファイルサイズが小さいんですね。もっと大きくてもいいんだけどな。
撮影可能時間と必要なメディアの量の関係
これさえわかれば怖くないですね。。。
ただ、HS240をやると10倍の尺が必要になりますので。。。。
先日の撮影ではHS素材だけで90分以上になりました。
PV撮影だとおそらく32G以上はメディアが必要になりますね。
参考まで、
ではまた。




ついに本格的にNEX FS-700を使いました。ノーマル24fpsはEOS5Dmark3を使用。HSのみNEX FS-700を使用しました。
共にビテオマウント仕様にしてカッチャンで載せ替えできるようにしました。

photo:01



EOS5Dmark3 MovieTube PR HD仕様
NEX FS-700 TF Base Rig 仕様
さてさてトーンの違いはガンマカーブの違いで、当然色味を完璧に揃えることはできません。
EOSはポートレートモード
NEXはSTILLモード
これでかなり近くなります。
ガンマカーブを近づけて、明確になったのは、NEXはディティールがリアルだ、ということです。
EOSはフェイストーンがまとまりがあって肌質も艶やかで滑らかです。
NEXは毛穴までしっかり表現され見えすぎてしまう感じです。
解像度ということではなく、まさにガンマカーブの違いがでているとおもいます。
FS-700のピクチャープロファイルを色々使いこなしていかないとまだわからない部分もおおいですが、EOSのようにCinestyleなどがインストールできると良いのですが。。。
HSカメラとしてはなにも申し分ないとおもいます。
きっとレンタル料金も2万円前後になると思います。ファントムやRED Epicと比べても、240fpsが手軽に撮影できるのは魅力!
物や車は240fpsでは足りないかもしれませんが、人間を撮影するには十分な10倍スローです。
NEX FS-700とツイクスターの組み合わせも試してみたいところです。
スローの強さはNEX FS-700の最大の武器でEOS5Dmark3の720×1280 60fpsではねむいと感じてしまいます。
NEX FS-700で問題があるとすると。
スタートトリガーの立ち上がりが遅いことです。Recスタートのつもりで赤を押すと、じつは収録がおくれて始まっている場合がかなりあります。推定1秒ぐらい。まだ検証が必要ではありますが、
余裕をもってスタートトリガーを押せ!ということです。
240fpsで8秒間
120fpsで16秒間
の撮影ができます。
アウトトリガーハーフ
というモードだと
240fpsで4秒間
の撮影になります。
撮影後には儀式のように再生が行われます。
キャッシュに貯めて。再生を記録する。というファントムとKeyproみたいなことをFS-700内部でやっているみたいです。
再生をとめてしまうとそこましか記録されません。
なんとも面白い仕組み。です。

photo:02



こんなカメラがHS240fpsなんて
少なくともフィルム時代には考えられませんでした。いやフィルムでしか出来なかったと言うほうが正しいですか?もうよくわかんないですが。

photo:03



16mmのARRI SR3HSで120fpが限界でした。
それ以上のコマは1PDやらフォトソニックでしか出来なかったですから。
240fpsオモロイです。
当社。
7月からFS-700稼働予定です!
ご連絡おまちしてます。




Sony NEX FS-700のデモ機を触ることができました!
早速、
MovieTube 5Dmark3

NEX FS-700
色を比べます。

photo:01



PP1にCinestyleに近い色をつくってみます。
どうもEOSはホワイトバランスをケルビンだけで調整してもしきれない部分があります。
Sonyなどのビデオに合わせるにはビデオカメラと同じ調整の電球マークや太陽マークなどであわせるとホワイトバランスかそろいます。
5Dmark3とFS-700を比べると、FS-700はビデオっぽい質感。
とても生っぽい。
EOSのガンマカーブに慣れ親しむとSonyのピクチャープロファイル/PPもtechnicolor CinestyleのようにPCからガンマカーブがインストールできればいいのですが。
さて240fpsの実力。
1080/24pでの10倍のスローモーションは面白い!!!につきます。
事務所の洗面台で水を流すだけでスライムみたいです。
床にカギを落とすだけで。ドラマがあります。
仕組みはとても面白い。
恐らく撮影時にはキャッシュに動画を貯めていて。
Recが終わるとすぐさま再生がはじまります。その再生動画を本体内で録画してます。
再生中にキャンセルの表示が。キャンセルすると再生されたそこまでが録画されています。
せっかちに撮影を繰り返すことはできない仕組みです。
儀式のように再生を待たないと次の撮影はできない仕組みですね。
なかなか面白い。
プレイバックが必須なんです!
見慣れてくると20倍も!となり480fpsも試しました!かなりジャギがでます。次の撮影までの待ち時間も倍です。普通には使えないですね。背景がシンプルな状況で、曲線なもの。例えば水の物撮りには使えそうです。とにかく横のまっすぐなラインに弱く、ジャギってるなと一目でわかるものです。
安心して使えるのは240fpsですね。

photo:02



こんなカメラで10倍が撮影できるとは!
Sony FS-700とにかく面白いと感じました!きっと面白いというととはいいカメラなんだとおもいます!
シンプルにこれで撮影したいなと感じます。
24/30pはEOS5Dmark3で。
HSはFS-700で。
といった使い方はかなりいけているとおもいます!上級者です。
F35にファントムの組み合わせと同じ方法論ですね。
大人が楽しく。あーだこーだ。

photo:03

 

photo:04



テストデータ近日アップします。