EF F-3マウント。写真。

All posts in F-3




多数お問い合わせをいただいております。ありがとうございます。
SonyF-3用 CanonEFマウント。絞りコントロール付き。
という表現がわかりやすいですかね?
改めてF-3にマウントしました。

photo:01



レンズがないとf0.0の表示。

photo:02



24mm/f1.4を装着すると。f1.4と開放になります。

photo:03

 

photo:04



絞りがコントロールできます。

photo:05



ここを押しながらレンズを交換します。

photo:10

 

photo:06



本体とはギリギリのクリアランス。

photo:07



ハンディで絞りをコントロール。

photo:08



こんなシンプルスタイルでF-3が使用できます。

photo:09



CanonEF 85mm/f1.2
かっこいいかも。




来週あたりからCanonC300が市場に出回る?のかもしれません。
そんなC300一色の2月になりそうな予感がしていますが。
ここであえて当社が開発しました。Sony F-3用EFマウントを改めてご紹介します、

photo:01



上の赤アルマイトが販売仕様になります。
元はRedrock microのM2マウントです。正式名称は
Redrock micro LiveLensActiveMountです。

photo:02



これはその兄弟。マイクロフォーサーズ仕様です。
このM2マウントをSony F-3用にマウントを制作しました。
フランジバックなど信頼のおける工場にて設計及び製作してもらいました。
電子部分は実は難しい構造ではありません。本当にシンプルな基盤です。
9Vの電源供給でEFレンズの絞りをコントロールできます。

photo:04



9Vはいわゆる角形電池を使用します。
新品のアルカリ電池で1日弱は使用できます。1日の撮影で1-2個を仕様するのが目安です。
マウントするとレンズの開放値を検知してまずレンズの開放になります。
注意点としては
24-70mm等のズームレンズはマウントしたまま使用しているとまれに絞りが内部的に動いている時があるようです。もしかすると電池が弱くなるとなるのかもしれません。(検証中です)
もしそうなってもレンズをマウントし直す。もしくは電池を新しくすると正常な絞りにもどります。
SignaLcamのレンタルは5000円でおだしします。
例えば
SonyF-3でシフトレンズを使用したいときにはおすすめですよ。
赤アルマイト、かっこいいです!

photo:03



おおはしのブログ
おおはしのブログ
おおはしのブログ




EOS 1Dmark4で好調に撮影しています。が、新規の機材も導入したいなとかんがえております。
そこでSonyF-3はどうか?と考えているわけですが、なにせPLマウントレンズに手を出すには勇気がいります。
ツァイスファーストレンズの中古を探している方々も多いのではないでしょうか?
そこで、まず考えるのはCanonEFレンズが使えないか?です。
世界に残念ですが、まだないです。
ならばつくるしかない。と。

photo:01



F-3にEF14mmがついてます。
画質は妙にしっとりしている印象です。PLツァイスファーストよりも明らかにキレが良いです!
ワイドレンズならばまずEFレンズが有効でだと考えます。

photo:02



さらに問題になるのが、絞りのコントロール。これを解決しているのがこのユニット。電源が、はいっていないところが残念ですが。
1/3づつ絞りをコントロールします。
マウントすると、絞りは開放で表示されます。

photo:03



この電子部品にいろいろと秘密があるようですが、詳しくはさっぱりわかりません。9Vの電源が必要になりますので、角形電池を使用することになります。メンテナンスに難点あり。

photo:04



CanonEF24-70mmをつけてみました。
妙にキレが良く調子が良いです。ズーム時に明るさが変わるといった現象もなさそうです。

photo:05



EF70-200mmはハンディで持てます。
このレンズのミリ数でPLレンズでハンディするのは難しいかもしれません。
SonyF-3とCanonEFの組み合わせこそが本来のこのカメラの姿なのかもしれませんね。

photo:06



シフトレンズも幅がひろがりますね。
SignaLcam mountとして現在開発中です。こうご期待です。
また、どうしても欲しい。と言うかたはご連絡ください!
signalcam@gmail.com
まで




久しぶりに更新します。
SignaLcam、ついに新しい機材を導入します。
実態はまだ完成していないのであかせません。
Sony F-3でcanonEFレンズが使用できないかと、いろいろとアイディアを出しております。
F-3はよいカメラなのですが。いまのご時世を考えると、PLマウントレンズは少々コスト高に感じます。
ツアイスファーストレンズセットあたりがバランズが良いかとはおもうのですが。
ワイドレンズをオプションで借りると結構な金額になります。
F-3の弱点は、生っぽい、ビデオっぽい。
フィルムっぽいのではなく、Sonyっぽくなりますね。
そんなときに使いたいのがシフトレンズ
MusicVideoではよく使われます。
SignaLcamでも24mm,45mm.90mmのシフトレンズはよく使われる人気のレンズです。
さてSonyF-3で
シフトレンズを使うとなると。PLマウントなので
ARRIベロースセット
クレアモントシフトセット
もしくは
ARRIスラント
といった選択になります。
PLマウントレンズなのでかなりの金額になります。
そこで
EFのシフトレンズをF-3にマウントしたいなと。
おそらくシフトレンズだけでなく。
すべてのEFレンズが使用できるSony F-3 から EFマウントになる予定です。
KIPONのような中間の簡易絞りではありません。
絞りも電気的にコントロールして。
EFのレンズ内の絞りをコントロールします。
単純な変換マウントではありません!!!
開発急ぎます!
それとは別に。まだ見ぬ5DmarkⅢ用に、、、、、
また今度詳しく説明します。
乞うご期待!