4kRAWと120fpsの現状

All posts in C300




久しぶりの更新です。
今回激辛で行きます。

“現状のシステムでは4kを実現できているのはRedとSonyだけ”
と言ってもいいかもしれません。

良く質問されるのでまとめます。

C300の外付けターボとでもいいましょうかC500は、スペックばかりが先行しています。
実際のところはC300以上の恩恵を受けにくいカメラです。
たとえC500を使っても、内蔵のCFカードで記録すれば、C300と全く同じなのです。

どういうことかと言いますと。
4K RAWの信号はだしますよ。でもレコーダーは自分で用意してください。という代物です。(以前にもかきました。)

Canonは一方的に大きな信号を出しているだけです。

Ki_Pro_Quad_C500
AJA-Ki-Pro-Quad-616x880
そのメインのレコーダーとしてカタログに紹介されているのがAJA Ki Pro Quadです。
実はAJA Ki Pro QuadはRAW記録しません!
4KサイズのProRessに変換して記録する仕組みです。
現状は29.27fpsが限界です。HS120fpsは記録できません。

そんな状況ではC300との差別化はできません。

唯一 Codexを使用すると実現可能な部分があります。
CODEX SHOOT 28.6.12_1695_White
Codexを使えば120fpsは撮影できるのですが。。。実は縦の走査線は半分の解像度でしか撮影できないようです。(HDサイズでの使用ならば問題ないようです。)

皆さんご存知のようにCodexはC500が買えるほど高価な機材です。
C500+Codexを使った撮影を実現できる予算の現場ならば、Red Epicのほうが経験もありますし実際の運用のリアリティーがあります。
Epicならば300fpsだって可能になるじゃあろませんか!
よっぽどCanonの質感がすきな方でも実際のところC500を選択する人はいないでしょう。これが現実です。

C500の出力信号全てを受け止めることができるレコーダーはまだこの世に存在しません。もはや妄想の領域です。

LespaceVisonのようにC500+Codex+ポスプロサポートといった連携が必要です。

言い切れます。
C500を使うメリットは一切ありません。

他のメーカーが安価なレコーダーを開発するしかないのです。
どこか他のメーカーです。

ご存知のようにC500は発表からはや1年がすぎようとしていますがこれが現状です。

では実際の現実を見つめるならば。
HD 60Pを表示できるモニターすらそんなにたくさんありません。
Sony有機ELシリーズは可能です。
実際のところHD 60Pを記録できるレコーダーって存在していません。
BlackMagicUltraStudio3Dは実現していますが、これはMACなどのPCを使います。
(もしできるレコーダーがありましたら御指南ください!)
AJA Ki Pro Quadは60P記録できるのでしょうか?さすがにできますかね。

60Pが実現するのはInterBee以降かも知れません。

各社ホームページのスペックを信用してはいけません。
希望や空想。妄想までもが含まれていますので注意しないといけません。

こういったメーカーの戦略は、映像制作に携わる人間に大きな誤解を生みます。
話題と噂だけが先行してしまうのはいかがなもでしょうか?
開発が(ある程度)終わってから正式発表なりしてもらいたいです。

bmcc4k-300x180
それは BlackMagicも同じです!BMCC4kは去年の発表だったように記憶しています。
やっと?そろそろ?ついに?
InterBeeにやっと実機が登場でしょうか?

さてここでSonyのお話。
4Kユニットが発表されて久しいですね。

F-55の話ができればいいのですが。。
弊社にはFS-700しかないのでFS−700でお話しますと。
4kRAW撮影できます。
2kRAW撮影できます。
120fpsでも2kRAWもちろんできます!
240fpsでも2kRAWでさらに8秒ルールもありません。メディアいっぱい連続撮影できます。これはもうかなり前からできてます。
ネガティブな部分としてはFS-700は8bitです。
F-55の10bitに劣ります、でも実際の撮影で簡単に使用できますし、コストも最小限におさえられるFS-700は4k撮影でも威力を発揮します。

http://coffeeandcelluloid.com/shooting-with-the-sony-fs700-r5-4k-recorder-in-haiti-video-update/

FS700_R5-thumb

Cinema EOS1DCが4k24fpsしか撮影できないのはとても惜しい。。。。

F-55も120fpsが実現したようです。

4kに関してはSonyが先行しているのはまちがいないでしょう。




いろいろと情報がそろってきました。

REDを追いかけられるのはSonyだけかもしれません。

Sonyの全カテゴリーカメラ包囲網がだんだん明らかになってきました。



Sonyの RAWレコーダー「AXS-R5」は49万円現実味のある値段です。

2.4Gbps(300MB/s)の高速な転送速度を持つAXSメモリーカード「AXS-512S24」を使用

このメディアの価格が出ていないのが気になります。

FS-700もこのレコーダーを使用できます。

 

当然我が社のSignaLのFS−700はこのレコーダーと組み合わせて4K撮影をできるようにする予定です。

 

 

 

 

CinemaEOSは少なくとも日本のユーザーのニーズは全く見ていないのかもしれません。

すごく簡単に言うなら

C500はC300のセンサーのバージョンアップ版です。

4k RAWは撮影することもできる。ぐらいの表現で丁度いいと思います。

 

 

4kRAWは撮影する能力があるだけ、で実際に撮影するとなると追加で数百万円以上のレコーダーが必要になります。



Codex OnBoard Recorder



Codex Transfer Station

一時間撮影するだけで1テラ以上のデータ料です。もちろんオフラインする為には変換も必要になります。

4kで撮影した後のアプリケーションもCanonが提供する訳ではありません。

Canonは全ては他社任せです。



C500で4K RAWを撮影する理由を考えても、いまのところ明確な理由が浮かびません。

CFカードでHD撮影することが9割以上になると思います。

つまり

ほぼC300と同じです。

 

もっとシンプルに4k撮影を。。。

Cで4kをより簡単に撮影できるカメラとなると

CinemaEOS 1Dcになります。



 

去年のInterBEEで発表されたカメラです。

Motion JPEG 4K

4096×2106 24P

というスペックがこれまた去年発表されていました。

 

他社は4k RAWで。C500もレコーダーは他社任せなのに。1Dcは本体で4k記録可能のようです。しかもMotion JPEG、圧縮データです。

圧縮するのに転送が間に合わない。だからとにかく変換をしないで生データ、つまりRAWデータをとにかく記録する。

というのが今までの概念だと思います。

かなり革新的です。

4k MotionJPEGを CFカードに記録できるのでしょうか?他社はより転送の早いSSDを使用しているのに。

実現しているならばなぜC500には搭載されていないのでしょうか???

実現しているとなると相当な圧縮をしていると推測されます。本当に美しい画質がえられるのか?4kの意味があるのか?

 

とても疑念がわきます。

 

デモの1Dcを触る機会がありました。

32GBのCFカードを入れると撮影可能時間は7:50と表示されました。

膨大なデータ料です。

 

録画してみると

Sundisk 60m/bpsでたったの30秒でとまりました。

ただこれはあくまでデモ機なので!

 

去年カタログに書いちゃったからとりあえず、機能は搭載しました。

20秒、撮影できなくはないでしょう。

 

とならないで欲しいです。

 

 

まさかこの状態で発売されないことを祈ります。

Cの怖いところは

完成していない物を先行して発表だけしているところです。

 

Cにはほんとうに気をつけないといけません。

C500単体で4kが撮影できると思ってしまっている方はまんまとCの戦略にはまっていますよ。

 




発表されたC100。どうなんだろうかこのカメラと思う方もたくさんいるでしょう。
下記、僕なりの見解です。
おそらくこのカメラにはアメリカの地方局用のカメラなのかもしれません。
というのもCinemaEOSを開発しているチームは白いBODYが特徴的だったXLシリーズの開発チームなのです。
XLシリーズは実はアメリカの地方局ではやったカメラです。報道用のDVカメラというポジションです。
映画ハリウッドゴジラでも、ゴジラに蹴散らされる報道カメラマンがこのXLを構えています。(一緒にふまれちゃう?んでしたっけ)
つまりはC100のターゲットは報道であり、CinemaのCじゃないじゃないか?とツッコミたくなるカメラだといえます。
そう考えればより扱いやすいフォーマットのAVCHDである理由が納得できます。
アメリカで数を売りたいカメラなんじゃないかと思います。日本のDSLRのユーザーは見ていないんだとおもいます。
もうCinemaEOSは瞑想してきました。
C100の価格はあまりに高すぎます。日本では65万円ぐらいでしょうか。
発表された、だけでまだ発表された訳ではありません。そうこうするうちに7Dmark2が発売されたりしちゃわないですか???
CinemaEOSとEOSシリーズは明確な住み分けがされてなく、全く別チームが別の戦略で商品リリースしているとおもわれるので、新型7Dがいつくるか?全くよめません。でも新型7Dは20万円以下だと思いますので、
7D×3台以上<C100です。
5Dmark3×2台以上<C100です。
こう考えると僕にとっては、C100は全く価値がわからないカメラになってしまいました。
CinemaEOSは大瞑想。
CinemaEOSチームはハリウッドのコンセプトを中心に開発しているという噂なので、EOSの使われ方や、EOSユーザーはあまり意識していないのだとおもいますが。
今回のレンズラインナップも、あまりに意味不明です。
単純に×10ぐらいのフルサイズ対応のズームレンズがあればそれでいいんですけど。
18-200mmのフルサイズ対応のズームレンズ。F4。20万円。
こんなレンズを出してもらいたい。
Canonに限らずで、必要なレンズだと思います。
Canon EF-S 18-200/3.5-5.6IS
写真はEF-S18-200mm/3.5-5.6 IS
そんなレンズがあるならばC100のコンセプトもリアリティがあるとおもいます。
24-70mmではAPS-C動画で使うにはワイドでもなく、望遠でもなく。中途半端すぎます!
ヨリたらん。ヒキたらん。。。24-70mmをつけた時の僕の口癖です。
CinemaEOSの発表した新しいレンズは。
CN-E15.5-47mm T2.8 L S/CN-E15.5-47mm T2.8 L SPCN-E30-105mm T2.8 L S/CN-E30-105mm T2.8 L SP
15.5-47mmf2.8(3倍ズーム)
30-105mmf2.8(3.5倍ズーム)
価格は本当に呆れる。それぞれ190万円です。フルサイズ35mmには使えません!
それならば
EF16-35mm F2.8L II USMEF24-105mm F4L IS USM
16-35mmf2.8(2.5倍ズーム)
24-105mmf4(4.5倍ズーム)
でいい。
23万円と14万円ですみます。フルサイズ35も対応してます。カメラの感度は良くなっているのでf値だけが重要ではないのではないでしょうか?5Dmark3やC300などのカメラならばf4でも使えると思います。
誰が190万円のレンズを買うのでしょうか?CinemaEOSはフルサイズ35mmCmosは絶対にやらないのでしょうか?
いや、1DCがありますね。
あらら、ブレブレですね、これまた混乱を招きます。
 35mmフルサイズの大型CMOSセンサーが、一眼レフならではの豊かな表現力を実現。EOS-1D C
こんなに信用できないカメラシリーズは他にないと思います。
もはやカメラヘッドでしかないC500は全くの論外です。
4Kは他の会社のレコーダーで記録してくださいね。
本体記録するならこれはC500ではありません。C300です。と。
乱暴すぎます。4Kは信号だします。記録はCanonは保証できないんで、他の会社にお願いします。って。なんだそれ。
信号だけ出してればいいんでしょ。ハリウッド用だしね。
 Canon C500 with a codex. It&#8217;s a remarkably balanced and light rig. I could operate handheld all day with that thing&#8230;
これではRed Epicに勝てませんね。
C500の値段でFS-700が5台買えます。
FS-700が5台もあれば240fpsでタイムスライスできます。(モーフィングが必要ではありますが。)
CinemaEOSだけは本当に慎重にみていかないと。。。です。
1DCだけは買おうか慎重に検討していますが。
新型7Dmark2がHDMIピュアアウト!120fps!11月発売!なんて感じで発表されたりしたら1DCの120万円も一瞬で水の泡になります。
裏切られそうでほんとうに怖いです。
開発もおわってないカメラを次々に発表だけする。多分4k撮影できます。といった目標みたいなプレスリリースは何なんでしょうか?
この先走りの発表。発売が遅れる。他社がカメラ発表。
別ラインのカメラをいきなり発表。
これはユーザー騙しだと思います。
出来てないものを各メーカーが発表しあうこの体制はなんとかならないものでしょうか?




photo:01



素晴らしいレンズがC300PLにつきました。Angenieux Optimo×12です。
しかし重たい。

photo:02



PLマウント。
カメラの何倍もするレンズ。
事務所でチェック。

photo:03



素晴らしいレンズ。なのがこの写真でもわかります。
Made in Japan

photo:04

 

photo:05



がっかりです。




CFカードのお話。
5Dmark3にもCFカードが続投されました。
All-Iの採用でデータが大きくなります(3倍?ですか?使ってみないと。。。)
今まではデータの一斉クラッシュをさける為に16Gをメインで使用しています。
データが大きくなる今後は32Gをメインに使用する事になるかもしれません。
C300はCF2枚刺し、せっかく連続で撮影できるのでLIVE等では32Gを2枚刺したいところですね。
必要に迫られて32Gのカードを追加で購入することになりました。
赤を買うか
おおはしのブログ
それとも
金を買うか?
おおはしのブログ
とても難しい。
信頼のブランドSanDisk、まずゆずれない選択ですね。
今までは7Dでも1Dmark4でも赤の60mを使用してきて全く問題ありませんでした。
C300のテストでも赤で問題なしです。
7Dなど動画撮影時にまれに起きる
“再生できない動画です”
というファイルエラーは金でもおきます。
おそらくですがCFカードの問題ではないようです。
5Dmark3カタログでは
動画撮影に必要なカードの書き込み/ 読み取り速度CFカード:IPB:10MB/秒以上、ALL-I:30MB/秒以上 SDカード:IPB:6MB/秒以上、ALL-I:20MB/秒以上
となっていますので。
どちらでも問題ないと思われます。
$おおはしのブログ
金のメリットは64Gや128Gがある事ですね。
今後はどうなるでしょうか?
RED EPIC やRED Scarlet は
RED MAGというSSDが採用されています。
$おおはしのブログ
120コマや300コマのハイスピードや
“4k”
にはCFカードではなくSSDが必要と言う事になってくるのでしょうか?
噂のCinemaEOS 4K
どんなメディアを採用するのでしょうか???
とりあえず32Gの赤が増えました!

photo:05



これでC300も安心です!
今日の論文いかがでしたか?
SignaLcam
C300のオーダーでも稼動します!
詳しくはお問い合わせください

http://signal508.com




Canon EOS5Dmark3が発表されて3日、デモ機を早くかしてください!
それはさて置き、冷静にスペックを見極めます。
5Dmark3の動画性能の進化、変化は。
3つ
モアレ低減
高感度1Dmark4と同スペック
All-I
以上です。
7Dで実現していることはあえて割愛。
期待していた1080/60pはなく。
HDMIピュアアウトを採用しているNikonには対抗できておらず。
(NikonのピュアアウトはCard記録時は720になるという落とし穴があります。完璧じゃない)
C300との住み分けも微妙、C300MPEG2 50Mを売りにしているが、EOS MovieMPEG4のほうが新しい技術、C300の50Mのうたい文句でEOSのMovieデータは圧縮がよくないかのように聞こえてしまう。
MPEG2は、いわゆるいつまでたってもHDCAMを回している考え方。
タイムコードの互換はMGEG4でも実現しているし、実際FinalCutProではProRessに変換している訳です。
コーデックが乱立していてC300はまだまだやりようがありそうなカメラであり、C400の影が見える。
C300PLとEOS5Dmark3の発売がかぶる。
1Dxはスポーツや報道用であり、オリンピックタイミングの為に開発されたカメラ。
つまり、Cinema EOS 4kの出来次第ではCanonを見捨てないといけないかもしれません。
1Dxも、5Dmark3も最前線にいないのです。
今までは出し惜しみだとおもっていました。
しかし、3年温めた5Dmark3がこのスペックでいいのでしょうか?
この5Dmark3は3年はもたないと思います。
ですが、ここで5Dmark2が発売された当時を思い出します。
マニュアル操作もできず、23.976にも対応してなかったですよね。
EOS Movieが盛り上がりは
EOS7Dの登場からさらに拍車がかかりました。
EOS7Dはいまだに動画性能ではボタンの位置や表示が一番使いやすいカメラです。
何がいいたいか。
予想をふくめまとめると、
EOS7Dmark2は動画性能のリーダー。
1080/60pの採用。
HDピュアアウトの採用。
動画におけるAF機能。
のちに5Dmark3にファームウェアがアップデートされ二回目の5Dmark3売れなおし!
こんなストーリーでなければいけません!?
Canonの本気に期待。




12月の末日にbeta版CanonC300で撮影をしました。
$おおはしのブログ
技術的な波形的なテストは他の方々にお任せして
そのままカメラを持ってMusicVideoを撮影にでかけました。
実はバッテリーの充電ですら車内でした。。。
カメラの操作性はその1にて酷評させていただきました。
さてその続きです。
撮影も中盤に入ると
一通りの操作はわかってきました。
720のHSはいちいちフレームレートを設定しなくてはいけません。
24からクリックで60を選択するので結果として全ての設定を変更するのに10プッシュ以上のボタン操作を必要とします。
EOS7Dであれば3ボタン1クルクルで60Pに変更できますよね。
SonyEX3ならば1ボタン長押しでメモリーされたフレームレートに変更できます。
CanonC300のインターフェイスが良くない、操作性のよくない箇所の一つです。
液晶はあまりに色味が転がっているのであてにしない事になりました。
結果として純正の液晶ユニットは外してしまっている事がおおくなりました、
ファインダーを覗いて撮影するというスタイルが多くなったとおもいます。
とはいえファインダーも色味はころがっています。
おおはしのブログ-ipodfile.jpg
液晶を外したシンプルスタイルにすればこんなに軽くて使いやすいカメラはありません。
注意:この状態で音声が記録できないというのはEOSに劣ります、致命的にダメですが。
カメラ機能で特筆すべきはISO20000ということでしょうか。
F1.4のレンズと組み合わせれば。星が映ります。
これはすごい。
$おおはしのブログ
人物(笹生実久さん)と星の競演。
HSで撮影すると星はフリッカーするんですね。初めて知りました!
インフで星にピントからの人物フォーカス送り、、、なんだかすごい。
さて撮影後にデータが今までのようには開けません。
Canonからプラグインをダウンロードします。
おそらく下記のURLです。というのも12月末の段階ではCanonのHPでは探しきれずにイギリスのページからDLしました。

http://cweb.canon.jp/drv-upd/dvc/xum-1-2-1-16-8l.html

これでいわゆるSonyのSxSと同様にFinalCutProに取り込むことができます。
ProRess422に変換して驚いたのは付属モニターの色味がおかしい事。は当然ですが。。。
CanonLogのガンマカーブがとにかく美しい。と感じました。
いわゆるLogっぽくなくそのままでも十分使えそうな発色です。
カラコレをかけてまたびっくりEOSのMOVデータよりも3倍ぐらい色が動きます。
体感では、行きたい色味にもっていってからそさらにコントロールが利く。
多少の絞り違いならば雰囲気を変えないで明るさがコントロールできますね。
よいです。
とても良いと思います。
笹生実久さんに許可をいただいてハーフ&ハーフのデータをあげました。
参考に見てみてください。
http://vimeo.com/36285355
SignaLcam詳しくは
http://www.signal508.com