Cに気をつけろ!

Blog

SignaL STAFF Blog




いろいろと情報がそろってきました。

REDを追いかけられるのはSonyだけかもしれません。

Sonyの全カテゴリーカメラ包囲網がだんだん明らかになってきました。



Sonyの RAWレコーダー「AXS-R5」は49万円現実味のある値段です。

2.4Gbps(300MB/s)の高速な転送速度を持つAXSメモリーカード「AXS-512S24」を使用

このメディアの価格が出ていないのが気になります。

FS-700もこのレコーダーを使用できます。

 

当然我が社のSignaLのFS−700はこのレコーダーと組み合わせて4K撮影をできるようにする予定です。

 

 

 

 

CinemaEOSは少なくとも日本のユーザーのニーズは全く見ていないのかもしれません。

すごく簡単に言うなら

C500はC300のセンサーのバージョンアップ版です。

4k RAWは撮影することもできる。ぐらいの表現で丁度いいと思います。

 

 

4kRAWは撮影する能力があるだけ、で実際に撮影するとなると追加で数百万円以上のレコーダーが必要になります。



Codex OnBoard Recorder



Codex Transfer Station

一時間撮影するだけで1テラ以上のデータ料です。もちろんオフラインする為には変換も必要になります。

4kで撮影した後のアプリケーションもCanonが提供する訳ではありません。

Canonは全ては他社任せです。



C500で4K RAWを撮影する理由を考えても、いまのところ明確な理由が浮かびません。

CFカードでHD撮影することが9割以上になると思います。

つまり

ほぼC300と同じです。

 

もっとシンプルに4k撮影を。。。

Cで4kをより簡単に撮影できるカメラとなると

CinemaEOS 1Dcになります。



 

去年のInterBEEで発表されたカメラです。

Motion JPEG 4K

4096×2106 24P

というスペックがこれまた去年発表されていました。

 

他社は4k RAWで。C500もレコーダーは他社任せなのに。1Dcは本体で4k記録可能のようです。しかもMotion JPEG、圧縮データです。

圧縮するのに転送が間に合わない。だからとにかく変換をしないで生データ、つまりRAWデータをとにかく記録する。

というのが今までの概念だと思います。

かなり革新的です。

4k MotionJPEGを CFカードに記録できるのでしょうか?他社はより転送の早いSSDを使用しているのに。

実現しているならばなぜC500には搭載されていないのでしょうか???

実現しているとなると相当な圧縮をしていると推測されます。本当に美しい画質がえられるのか?4kの意味があるのか?

 

とても疑念がわきます。

 

デモの1Dcを触る機会がありました。

32GBのCFカードを入れると撮影可能時間は7:50と表示されました。

膨大なデータ料です。

 

録画してみると

Sundisk 60m/bpsでたったの30秒でとまりました。

ただこれはあくまでデモ機なので!

 

去年カタログに書いちゃったからとりあえず、機能は搭載しました。

20秒、撮影できなくはないでしょう。

 

とならないで欲しいです。

 

 

まさかこの状態で発売されないことを祈ります。

Cの怖いところは

完成していない物を先行して発表だけしているところです。

 

Cにはほんとうに気をつけないといけません。

C500単体で4kが撮影できると思ってしまっている方はまんまとCの戦略にはまっていますよ。

 



Leave a Reply

Leave a Reply