HS 240fps

Blog

SignaL STAFF Blog




Sony NEX FS-700のデモ機を触ることができました!
早速、
MovieTube 5Dmark3

NEX FS-700
色を比べます。

photo:01



PP1にCinestyleに近い色をつくってみます。
どうもEOSはホワイトバランスをケルビンだけで調整してもしきれない部分があります。
Sonyなどのビデオに合わせるにはビデオカメラと同じ調整の電球マークや太陽マークなどであわせるとホワイトバランスかそろいます。
5Dmark3とFS-700を比べると、FS-700はビデオっぽい質感。
とても生っぽい。
EOSのガンマカーブに慣れ親しむとSonyのピクチャープロファイル/PPもtechnicolor CinestyleのようにPCからガンマカーブがインストールできればいいのですが。
さて240fpsの実力。
1080/24pでの10倍のスローモーションは面白い!!!につきます。
事務所の洗面台で水を流すだけでスライムみたいです。
床にカギを落とすだけで。ドラマがあります。
仕組みはとても面白い。
恐らく撮影時にはキャッシュに動画を貯めていて。
Recが終わるとすぐさま再生がはじまります。その再生動画を本体内で録画してます。
再生中にキャンセルの表示が。キャンセルすると再生されたそこまでが録画されています。
せっかちに撮影を繰り返すことはできない仕組みです。
儀式のように再生を待たないと次の撮影はできない仕組みですね。
なかなか面白い。
プレイバックが必須なんです!
見慣れてくると20倍も!となり480fpsも試しました!かなりジャギがでます。次の撮影までの待ち時間も倍です。普通には使えないですね。背景がシンプルな状況で、曲線なもの。例えば水の物撮りには使えそうです。とにかく横のまっすぐなラインに弱く、ジャギってるなと一目でわかるものです。
安心して使えるのは240fpsですね。

photo:02



こんなカメラで10倍が撮影できるとは!
Sony FS-700とにかく面白いと感じました!きっと面白いというととはいいカメラなんだとおもいます!
シンプルにこれで撮影したいなと感じます。
24/30pはEOS5Dmark3で。
HSはFS-700で。
といった使い方はかなりいけているとおもいます!上級者です。
F35にファントムの組み合わせと同じ方法論ですね。
大人が楽しく。あーだこーだ。

photo:03

 

photo:04



テストデータ近日アップします。



Comments are closed.