5Dmark3と All-i

Blog

SignaL STAFF Blog




5Dmark3の撮影頻度が増えてきました。
C300もかなり人気は高いようですが。とにかく操作性が悪いという話をよく聞きます。
もちろん僕もそう思います。何と言ってもRECボタンが4つも存在するのは設計コンセプトを疑いたくなります。C300はLIVE撮影に使用したりしていますが。REC中にRECを止めてしまっていないかヒヤヒヤします。
液晶の位置もかなり特殊すぎてアングルに対してちょうど良い位置にもっていくのが難しいです。
先日もかなり苦労しました。
液晶の位置と距離の関係がどうにもしっくりきません。
いいポジションにマウントするには液晶からでている2本のケーブルが短すぎます。
ガンマイク本体もガンマイクのホルダーもいちいち邪魔です。
試行錯誤の末この形になりました。

photo:01

 

photo:02



ISOでの明るさコントロール。。。
これまた問題です。
グリップを逆さまにして親指でコントロールするイメージです。
使いにくいです。

photo:03



ガンマイクがへんな位置になってます。
いろいろみなさんイライラしているかと思います。
ガンマのCanonLogもうちょっといろいろできるといいのですが。。。
さて5Dmark3ですが。
恐ろしくきれいです。C300と比べてはいけません。何か恐ろしく解像度があります。。。
素材をチェック用などでH.264に圧縮すると。素材がすごいきれいだったのだと実感します。
特に素材のきれいさを感じます。
まだ使っていない方はぜひ使ってみてください。良さがわかると思います。
カラコレに関しては大きく動かすと負荷はかかりますが、まあ今までよりはいいと思います。
カラコレもよいと結論だせるほどデータは集まっていません。
が期待はできると思います。
今までの既存のガンマカーブ CINEMA Maverous Superflatが使えるのはとてもよいですし。今後の可能性を感じます。このガンマカーブの熟成が楽しみです。
やっと本題ですが。
5Dmark3
最初にAll-iでFinalCutPro。Compressorで読み込まない/アプリが落ちてしまう。という現象を報告しましたが。
結果私個人のMACの問題と結論づけていました。
実はそうではないようです。
同じ症例を2件ききました。
いずれもAfterEffectsでProRess422の変換を行ったとのこと。
AEでは問題なく変換できる様ですが。
FCP,Compressorではできない。という症状のようです。
QuickTimeXでは再生できるがQuickTime7では再生できない。という症状になります。
この問題
FinalCutStudioを再インストールしても残念ですが解決しませんでした。
OSが関係しているバグと思われますので。
OSをクリーンインストールする必要があると思われます。(TimeMachine等で再構築すると同じ症状もコピーされる可能性があります。)
非常に厄介な問題ですが。この症状になるMACとならないMACがあるとゆうことです。
原因がはっきりしていないのが厄介です。
同じような問題が起きた方はぜひご一報ください。



Comments are closed.