CanonEOS5Dmark3をさわってきた。その1

Blog

SignaL STAFF Blog




CanonにてEOS5Dmark3とEOS1Dxを触ってきました。
まず。
モックと5Dmark3

photo:01



シルバーかっこいい!ジュラルミンのむき出しって素敵!
RED EPICのプロトタイプみたいですね。
インターフェイスが変わっています。紫色が真新しいです。

photo:02



特に動画専用のカテゴリーがある訳ではありません。
1Dxも同様です。
液晶はすっきり奇麗でフォーカスもみやすいです。

photo:03

 

photo:04



表示をオフにすると
絞りやシャッタースピードを動かした時だけ表れる仕組みです。これはなかなか良い。

photo:05



ヒストグラムやらなんやらいろいろ表示するともう邪魔です!(笑)

photo:06



動画のRec中にでも音声のコントロールが出来ました。もちろんパラメーターも表示されています。
親指のクリクリでRec中に音量の上げ下げできました。

photo:07



ヘッドホンでモニターも出来るので、ピンマイクをつければ簡単なインタビューなら録音できそうです。これは進化してますね。
1Dxにもヘッドホン端子はつけるべきでしたね。

photo:08



バッテリーグリップと本体がしっかりジョイントされていてこのまま三脚にマウントできそうだなと思いましたが。
バッテリーグリップの底は全体が平でないので三脚にしっかりネジ止めすると駄目でしょう。
ラバーの部分だけが出っ張っています。

photo:09



モックでみると水平が曖昧ですね。

photo:10



本体のネジはこういう仕組みになってました。
三脚につける時はバッテリーグリップなしの方がまだましだと思います。
その2に続く



Comments are closed.