SignaLcamオリジナルEF F-3マウント

Blog

SignaL STAFF Blog




来週あたりからCanonC300が市場に出回る?のかもしれません。
そんなC300一色の2月になりそうな予感がしていますが。
ここであえて当社が開発しました。Sony F-3用EFマウントを改めてご紹介します、

photo:01



上の赤アルマイトが販売仕様になります。
元はRedrock microのM2マウントです。正式名称は
Redrock micro LiveLensActiveMountです。

photo:02



これはその兄弟。マイクロフォーサーズ仕様です。
このM2マウントをSony F-3用にマウントを制作しました。
フランジバックなど信頼のおける工場にて設計及び製作してもらいました。
電子部分は実は難しい構造ではありません。本当にシンプルな基盤です。
9Vの電源供給でEFレンズの絞りをコントロールできます。

photo:04



9Vはいわゆる角形電池を使用します。
新品のアルカリ電池で1日弱は使用できます。1日の撮影で1-2個を仕様するのが目安です。
マウントするとレンズの開放値を検知してまずレンズの開放になります。
注意点としては
24-70mm等のズームレンズはマウントしたまま使用しているとまれに絞りが内部的に動いている時があるようです。もしかすると電池が弱くなるとなるのかもしれません。(検証中です)
もしそうなってもレンズをマウントし直す。もしくは電池を新しくすると正常な絞りにもどります。
SignaLcamのレンタルは5000円でおだしします。
例えば
SonyF-3でシフトレンズを使用したいときにはおすすめですよ。
赤アルマイト、かっこいいです!

photo:03



おおはしのブログ
おおはしのブログ
おおはしのブログ



Comments are closed.