EOS7D音声収録

Blog

SignaL STAFF Blog




EOS7Dで同録の現場が続きました。
EOSは音に弱いですね。
音声の方と相談し、ワイアレスで音を飛ばしてもらって、EOS7Dのステレオミニに入力してもらいました。
もちろん、音声は別にSDカードで収録してもらい、あくまでプレイバックのガイド用です。
結果、プレイバックには十分な音質。
あまり大きな音で入力しないのがコツのようです。
撮影後日確認すると、インタビュー等は、オフラインには十分にガイドとして使えます。
オペレーション音がしない音声がしっかりしたEOS Movieはなかなか新鮮です。
同期はカチンコとEOSの記録時間とWAVの記録時間であわせています。ファイルデータなので、編集時に同期をとるのは難しいことは無いと思います。
願わくはFCPで音声を貼り付けたデータが編集上リンク出来ればカットを割る作業が楽なのですが。
さて、この撮影を参考にEOS7Dハンディカメラが完成系に!

photo:01



ZOOM H1にRODE製の風防。
RODEのアクセサリーシューマウント。

photo:02



ZOOM H1からヘッドホンアウトを入力。
因みにヘッドホン出力はLevel100のうちLevel28を使用。

photo:03



こんなスタイル。
テストの為にお借りした。ゼンハイザーだと、音質がイマイチという結論。

photo:04



ただシンプルにまとまります。

photo:05



カールコードはスマートですね。
ZOOM H1もゼンハイザーもオペレーション音は拾ってしまいます。
7Dの音質がベストではないので、別に音声を記録できるH1の方が実用性があると思います。
ZOOM H1は本体の記録音声が良い分、風切り音がかなり気になりますので、RODEの風防で風切り音を抑えています。
この風切り音はマイクが裸の状態だと、カメラを左右に振ったり、カメラマンがゆっくり歩くだけでピューピューとなります。
メーカー純正品の黒いスポンジの風防で、風切りが30%減。RODEで80%減といったイメージです。
余談ですが、先日zacutoを使用してLive撮影に。
EOSのライブビューの液晶はかなり明るいので。
20分も覗くと、周りとの明るさとの差で目がおかしくなります。
つまり、左右の目の絞りがバラバラになってスグにはなおりません。
暗い場所での撮影は液晶の明るさを暗くしないと、目に?身体に悪そうです。



Comments are closed.