ZOOM H1

Blog

SignaL STAFF Blog




ZOOM H1とEOS Movie
様々なテストを繰り返しています。
暫定ですが形になりました。
EOS 7D 簡易ムービーカメラ化です。

photo:01



マウントはリジットマウントしてしまうと、プラスチックのボディを伝わって7D内臓マイクよりもシビアにオペレーションノイズをひろってしまいます。
100円SHOPのカップを改造してみました。
ゴムが赤いのはご愛嬌。

photo:02



こんなスタイルですね。
7Dは外部入力に対してオートレベルになる仕様です。
H1のヘッドホンアウトを7Dに入力すると、小さい音も増幅されます。
つまり。入力するボリュームはあまり関係なく7Dが自動調節してしまう、ということになっています。
音質を試すと、H1のヘッドホンアウトの設定は
25辺りがベストのようです。
30を超えると音質がよくない様です。
7Dの収録データをチェックすると。
波形が限りなくフラットに近い状態になります。
H1のWABデータと比べると、音の広がりがなくなってしまいますね。
本体の内臓マイクよりは良い音になりますが。物足りない音質。
これは7Dの問題ですね。
苦労の割には報われていない、というのが正直なところ。
ただ、H1の音をひきなおすならば、アリ。

photo:03



zacutoファインダー

photo:04



novoアーム。
ここまでやればやっとビデオカメラ状態です。
そんなZOOM H1
カメラマイクとしては指向性が広すぎるかもしれません。
絞りをぐるぐる回すと、内蔵マイクほどではないにしろ、若干オペレーション音を拾ってしまいます。
更に。

photo:05



コロンと落としてしまったら、電源がとれました。あらら。
修理してもらわないと。
H1について、もう少しインプレッションをするならば、
電池の減りがはやいように思います。単三電池を本体に入れっぱなしにすると、2日たつと、落ちます。
これは問題。eneloopかな。
電池外しておいた方がもちます。が起動時にいちいち日付を入力するのは手間ですね。
オプションも合わせて購入しています。

photo:07



ケースは必要!

photo:06



風防スポンジはあった方がいいです。
ハンディで歩くと風切り音だけが収録されます。シビアに音を拾ってしまいます。
風防はもうちょっといいモノに変えたいです。
この辺りは音楽用だなと感じます。
ミニ三脚は2回ぐらい使ったら首がバカになってます。
修理のついでに交換ですかね。
マイクスタンド用のホルダーは、ライブの引きカメラの横に立てたりするのに良さそう。
ごちゃごちゃ書きましたが。これで1万円前後の価格ならば、満足度は高いのではないでしょうか。
音質はそれぞれ好みがあると思います。
因みにカメラマイクのテスト中はほとんどLOW CUTモードで使用していました。
オートレベルは急にレベルがかわってしまいすぎて、カメラマイクとしては満足のいくものではないです。
とはいえ!
音を気軽にとれるし、こんな安い。
時代の進化に脱帽。です。



Comments are closed.