先日の撮影にて。

Archive for 10月 20th, 2010




面白いセッティングで撮影しました!
このスタイルは始めてです。

photo:01



シルエットでは難しいですか?
全貌はこう。

photo:02



ノガアームで突き出し。7Dをマウント、真俯瞰に。
MovieTubeを使ってモニタリング。
こんな不思議な使い方。だれもやらないか。。。
この方法ならばL板も必要ないです。
かなり強引そうに見えますが、高さもロンフォードか9+9で調整可能になります。
コンパクトな7Dの特長を上手く、有効活用できますね。
signalcamくわしくは
http://www.signal508.com




ひょんなことから。新輝のスタッフの方から、3Dカメラをみせていただきました。

photo:01



新輝の、山川さん。川田さん。編集そっちのけで、3Dカメラを検証。

photo:02



ご存知。Panasonic AG-3DA1です。
HVXよりかなり大きいですね。
レンズも大きいし、重たい。
3Dモニターも持ってきていただきましたので、たんまりtest。
面白い。頑張ると、かなり飛び出してきます。色々なつじつま合わせが大変ではありますが。楽しいカメラです。

photo:03



HVXでいうところの、絞りに、切り替えスイッチがあり、任意にクロスポイントを変えられます。
カメラマンは3Dで見ながら撮影する事はできません。
なので、クロスポイントの操作はリモートでビデオエンジニアがコントロール出来たらいいのに。
あっという間の2時間でした!
あんまり。3Dモニター見ていると知恵熱でますね。
サクッと3Dが撮影できるのは、このカメラしかないですね。鉄板です。
5カメで実験的にライブなんて撮影したら面白いと思います。
いや、きっともう既にやっているに違いない。
signalcamくわしくは
http://www.signal508.com




EOS 7Dをビデオカメラのようにできないか?と試行錯誤しています。
Z-Finderで、かなり近づいたのですが、問題は音声です。
カメラの絞りを動かすと、カタカタ音が音声に収録されてしまいます。
オペレーションの動作音がBODYを伝わってしまっているからだと思われます。
そこで、ICレコーダーをアクセサリーシューにマウントする方法を模索しています。

photo:02



安価で手に入りうまくマウントできそうだなと選んだのがZOOM H1

photo:01



アクセサリーシューにマウントしてみました。カッコはよい。
結果。
マウントがいけないのか、
ほぼ内蔵マイクと同様にオペレーションの動作音を拾ってしまいます。
ZOOM H1の本体に軽く触れるだけでもカチカチ音が記録されてしまいます。
ヘッドホンアウトを7Dのマイク入力にいれてみました。
ZOOM H1は大丈夫なのですが、
EOS側の音声に
ホワイトノイズが乗ります。
何か対策がありそうなので、要検討です。
今日はこれぐらいに。
テクニカルファームの内田さんが事務所にいらっしゃいました!

photo:03



7Dと5D談義で、軽く2時間。

photo:04



ネットを見ながら、佐伯と3人で、あーだ、こーだ。
またまだ深いEOS Movieです。
signalcamくわしくは
http://www.signal508.com