14mmと20mm

Archive for 7月 7th, 2010




5Dmk2に20mm
7Dに14mm
どちらがディストーションがキツイか?
どちらでしょう?
答えは
ほぼ同じ。
社内でテストしてみました。
7Dと5D
7Dを使い慣れてしまうと
5Dのボタンの位置は一瞬戸惑いますね。
ライブビューって?どのボタンだったかな?と。
14mm7Dで使用すると、あまり嫌なディストーションありません。
16-35に比べてかなりディストーションがおさえられています。
値段の差がここにあるのではないでしょうか。
ただ画角は20mmをつけた5Dmk2が若干広いです。
16-35のディストーションを避けたい場合は、
14mm有効です。
SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com




先日EOS MovieでLive収録しました。
ヒキはZoomしたいのでビデオでしたが。
ステージまわりにEOSを配置。
下手にEOS Kiss X4 24-70f2.8 10-24f3.5-5.6
上手にEOS 7D 15-85f3.5-5.6 TS-E90f2.8
ステージ上にEOS 5Dmk2 28-300f3.5-5.6
こんなポジションにしました。
X4はSDカード収録ですね。改めてこのカメラだけ記録メディアが違うということを再確認。
機動性重視しライブビューで撮影するシンプルスタイルにしました。裸EOSです。
フォーカスが送りきれないのと、f値が変わってしまうレンズだったので、絞りはf5.6にすることにしました。
温度ワーニング。
アンコール前に出ましたが
アンコールとMC中にBODYをやすませて、無事予定分収録を完走。
バックアップのビデオカメラは使用しませんでした。
さて。X4。
全く画質も問題ないです。
7Dと同じです。
環境にもよるのだと思いますが、Liveという環境では、ISO800以上も気になりませんでしたよ。
X4。ありです。
ライブ収録用にほどよい。
SDカード安いし。魅力ありです。
因みに。X4は、5Dと同様にREC中にはHDMIからSD信号しかでないので、うちのMovieTubeには非対応です。
SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com