MovieTube PR HDケース

Archive for 7月, 2010




ついにMovieTube PR HD のケースも完成しました。
これで運搬も安心です。

photo:01



中身はピッタリ収まるように何度もフィッティングしたので完璧な仕上がりです。大満足です。

photo:02



武田トランクさんありがとうございます。
プラダン製ですが強度も申し分ないです。しかも軽い!
肩掛けもつけたので、MovieTube PR HDと、レンズケースが同時に安全に運べます。

photo:03



肩にかけるとこんな感じ!
これで運搬も安心です!
ヨカッタ
SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com




きました!アップデート!

photo:02



以前記事にかきました!
20mm
http://ameblo.jp/signal508/entry-10587670554.html
絞りがあおる現象。どうやらBODYの問題だったようですね!

photo:01



小躍りしながらファームウェアアップデートをまちます。
結果?
20mmは正直解らない。です。
15-85Zoomは、パクパクしました。変わらないです。
つまり改善されてないと思われます。
表記には
マクロレンズなどの一部のレンズを使用した場合。
とあります。
にえきらない。
20mmなおっているのかしら?
SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com




これだけ暑いと、流石に7Dワーニング出そうですね。
屋内でエアコン効いている温度でも、フォーカス刻み中にファンを止めてしまうとワーニングがでています。
何でだろう?
これはベランダで直射日光下。一度ためしてみますか!
SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com




photo:01


photo:02



この2枚の写真。違いがわかりますか?
EOS Movieでよく撮影をしている方々ならわかると思います。
要するにフォーカス確認用の拡大用の四角。
まず上の写真
横長の四角。いわゆる通常の状態ですね。この四角。ムービー撮影には時として邪魔になります。
うちのsignalcamはHDMI信号をファインダーに送っているので、当然ファインダーにも、この四角は表示されます。
ただREC中には表示が消えます。
下の写真。
撮影中に、たまにこの縦長が出るときがあります。
なんだろー?
REC中にも、縦長は消えないんです。
先日の撮影でも、佐伯がカメラマンに
これなんで?
と質問されましたが、いつのまにか元に戻っていた様です。
解明しました!
縦長の四角。の理由!

photo:03



なんだー。
レンズがAFになっているってこと!
AFモードだと、REC時にも縦長の四角が残ります。
さらにはこのボタン押すと
縦長の四角部分にAFがききます。

photo:04




ボタン押すと、AFが作動している間。絞りが変わってしまうので、実用できません。
一つ解明しました。
SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com




photo:01



これは何をしているかと言うと。
85mmのレンズでフォーカスをとっています。
うちのレンズはフォーカスリングがまわりきってしまわないように、フォーカスロック加工しています。つまり改造しています。
いまだにこの単焦点レンズセットはうちしか持っていない日本唯一のレンズセットみたいです。
なので、せっかくなのでリングに刻みをいれる事にしました。
85mmはフォーカスリングが目一杯まわるのでたいへんです。
約2/3回転します。
フォローフォーカスでいうと1周以上回る事になります。
先日85mmで、円形ドリーでフォーカスをおくりました。
そりゃもう大変です。
約4.5mの距離が変化するので、おくり幅はフォローフォーカスで200度ぐらい回すことになります。
手首の回転目一杯ってところですか。
いゃー手がプルプルしました。
さてそれはさておき

photo:02



いまのところこんな感じ。
85mmは特にフォーカスがシビアなので慎重な作業が必要です。
こんな時も、ファインダーはフォーカスみやすいなと感じます。
刻みは明日も作業続行です!
SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com




いつも美術でお世話になっているトライブさんに遊びにきました。

photo:01



オフィスはとっても綺麗で広々。
なかなか居心地がよい。
思いのほかパソコンがたくさんですね。
想像とちょっと違います。

photo:02



せっかくなのでうちのホームページみてもらってと。

photo:03



帰り際、Tシャツいただきました!
SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com




うちのフォトグラファーが、夜な夜な現像作業していました。
5Dmk2ユーザーです。
話をしてみると、
暗くするのは簡単。持ち上げるのは難しい。と。
スキントーンん重視するならば、1絞りから1絞り半ぐらい明け目に撮影して、ライトルームでおとす。なんて作業してました。
確かに。いい感じ。
液晶で、とんでるかな?ぐらいが目安だそーな。
確かに。編集していても、ぼんやりそんな印象があります。もちあげると、暗部がワイワイしてきます。
オーバー目に撮影して、FinalCutProでおとす。しめる。
ふんばってくれそうです。
撮影素材でも、あちゃーオーバーだ。なんて皆無。アンダーだ。が圧倒的に多い。
EOS Movie ハイの部分は思いのほか階調がある?
感度あげてまで明るく撮るのは微妙ですが、光量がたりているならば、オーバー目に撮影するなんて、ありかもしれません。
その境目が知りたい。
検証したいところです!

photo:01



L-608Cineです。
しばらく使っていなくてバッテリー切れしてました。
もったいない。
こいつでデータとってみようかと思いました。

photo:02



最終的にはファインダーで感覚を掴むしかない。信じるのは自分の目ですが。
近日中に検証してみないと。
SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com




先日、アーティストの方から質問が。
7Dを買いたい。レンズはどうしたらいいですか?
と。
僕は即答です!
EOS7D15-85レンズキットです。
単焦点レンズは集めていくときりがありません。
同じ事務所のスタッフは28mm一本勝負しています。かっこイイ。
ただ、それは何ミリが必要か?がわかっていて選択できることだとおもいます。
実売7D15-85セットは17万5千円ぐらいです。
7D本体は実売12万5千円ぐらいなので、レンズは差額5万円ぐらいになります。
この15-85定価は10万円のレンズです。
レンズだけ購入すると、実売7万円ぐらいになります。
7D本体を買うならばレンズキットが断然オススメです。
APS-Cサイズに15mmのワイドはあると使いやすいと思います。
signalcamの単焦点レンズのサイズ。
14mmから85mm
15-85なら
ほぼカバーしていますから!

photo:01



SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com




今日待ちに待ったケースが届きました!
ウチは機材のみの貸し出しがないので、佐伯の負担が軽くなるように。
軽さにこだわったプラダン製のケースになりました。
テーマ。軽い、そして強い。

photo:01



まずMovie Tube用
ピッタリフィット。

photo:02



LH-1700W用。
ライトグレーに見える部分は衝撃吸収に優れた素材。
その外側。面取りしてある濃いグレーの素材。モニターの当る部分にはこすれても粉が出たりしないように強い素材が組み合わせてあります。
想像以上にプラダンは強い。です。
圧倒的に軽い。

photo:03



これはケーブルなど細かいものを入れるケース。
2個、同じものです。

photo:04



BNCケーブル入れると、こんな感じ。
なるほど、イイですね。
台車に積みやすくするために寸法を揃えました。
LH1700とケーブルケース3つを台車に載せてみました。

photo:05



ビッタリ!
うまくいきました。
モニターが入っているケースとケーブルケースが見分けがつきません。
差別化するために目印が必要ですね。
これで荷物がスッキリまとまりました!
ムフフ
充実してきました。
SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com




Redrockを見にライトアップさんに行ってきました。

photo:01



フォローフォーカスの延長。
通称ガチョーン?
うちの機材だと、あると便利かなと思いましたが、今は節約月間なのでものを見させていただくだけになりました。

photo:02



西麻布のライトアップさんには他にも沢山の機材が。
はじめて手に取って実際に触らせていただきました。
注目の
Redrock無線フォローフォーカスはまだ日本には入ってきていないとのこと。
フォローフォーカスにiPhoneもしくはiPod touchが入り、焦点距離やら色々な情報が液晶画面に表示される、といったもののようです。
appleにアプリの承認もとっているとのこと。
うーん。
カッコ良さそうです。
日本に入荷したらまたライトアップさんに行ってみたいと思います。
SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com