ウルトラ

Archive for 6月 25th, 2010




$おおはしのブログ
MusicVideoで本当によく使われるウルトラクレーン。
さらにドリー仕様ですね。
僕はこれはジブだろ
って思っているので
ウルトラジブってよんでます。
ウルトラジブに載せて、ローアングルの一コマです。
カメラ上の液晶はAstro3105仕様です。
ノガアームでマウントしています。
発色はLH80wより3105が綺麗ですね。
人気が高いのも納得です。
SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com




photo:01



アクリル板。うちのスタッフが工夫しました。
これで、不慮のHDMI信号が落ちたりすることが防げるのではないでしょうか?
透明。って新しい。
目印?警告?のガッファーで面取りされています。
でも透明なのがミソ
HDMIがしっかりささっているか目視で確認できるのは意味があります。
それでもHDMIの予備は必要不可欠ですが。。
これでしばらくは安心でしょうか?。
先日増設した、ファンも。とりあえずは機能しているようで、スタジオ撮影では、ワーニングはでていません。
全てのマッチングとバランスがとれてきました。
いい感じ。です。
SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com




photo:03


photo:02


photo:01



レンズケース導入しました。
ストームケースです。
ペリカンケースが有名ですが、現場で何度も開け閉めするには不便です。
ヒンジに工夫があって開け閉めがほとんど力がいりません。
ペリカンより割高ですが、レンズケースには断然こっちが向いています。
中身もしっかりしていてレンズのおさまりも、なかなかです。
中身もストームケース純正です。
マットボックスのペリカンケースと差別化もできていい感じです。
やっとケースがととのってきました!!
SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com




photo:02


photo:01



現場はいろんなことが起きます。
特にトラブルが起きるのはHDMIのケーブルですね。
先日も書きましたが。
ブラックマジックのHDMIが9+9のパンバーにあたりやすいことが判明しました。
今日、スタッフさえきのアイディアでアクリル板で保護です。
これなら見栄えも良さそうです。
これで角を面取りすればいけるかな?
明日再チェックです。
SignaLcamについて詳しくは
http://www.signal508.com